民放ラジオ44局 2028年秋までにFM放送への転換目指すことに | NHKニュース

【NHK】ラジオのAM放送の経営環境が厳しくなっていることを受けて全国の民放ラジオ44局が2028年秋までにFM放送への転換をめざ…

ツイッターのコメント(60)

昨日のニュースだけれど、世の中、新しいものが生まれたら淘汰されるものが出てくるのはわかるけど、やっぱりAMの深夜放送で育ってきた身としては「時代」で片付けてしまうのがちょっと複雑だったり。
※いよいよカウントダウン開始か?
民放ラジオはFMに移行するとしてAFN等はAMのまま?
AMラジオ停波の件、災害対応する地域局って基本的にFMなんですよね。理由は設備が安いから。またNHKが1局はAMを持ち続けるので、技術自体が失われるわけではないんですよ
この矛盾する2つの条件を共に緩和するには、現在FM放送で利用している超短波領域に、振幅変調放送(AM波)利用域を設けて、小出力、小型アンテナで地域限定の放送にする方法もあるはずです。
(…続き)FMに移行する( )なんて話は聞いてたから、「AMでは受信出来るけど、FMだと受信し難くてノイズ入りまくりじゃないだろうな」と思ってたけど、案外、キレイな音で受信出来るもんだな…。
あらまあ。FMって周波数帯はそのままにAM変調からFM変調の放送に変えるって事なの?
へー。
音質が良くなるのはいいけどね。
雑音に紛れて遥か遠くの放送が入り、それを無理やり聞くなんてロマンあったけどなぁ。それもいつしか過去の事になっちゃうのかもな。
☻ いやこれもっと騒がれても良いと思うんだけど、かなり大きな文化の断絶じゃない?
夜にAMラジオをチューニングすると、外国(中国とか)の放送が流れることがある。
FMはそう言うことがない反面、音楽ばかり流す。
DJの話が聴きたい私は、FM放送を敬遠してた。
今はFMもAMのノリで番組を作るようになった。その扉を開けたのは、 ではなかったか。
 
PR