TOP > 社会 > 「医療的ケア児」支援する法律が成立 秋にも施行へ | NHKニュース

「医療的ケア児」支援する法律が成立 秋にも施行へ | NHKニュース

29コメント 2021-06-11 13:38  NHKオンライン

【NHK】たんの吸引や人工呼吸器など、医療的なケアが必要な子どもや、その家族を支援するため、国や自治体に必要な対応を求める法律が、…

ツイッターのコメント(29)

法律としては明るいけど
まさか保育士に医療ケアさせないよね?
ごめんだけど、まず保育士の給料あげてからにしようか?
手取り20万いかずに、仕事が増えるだけだよね?
やりがい搾取もいいかげんにしなよ。
政治家みんな一度保育士やってみろと思う。
医療的ケア児支援法の成立。
子供たちの生活にまた、大きな光が差しました✨✨✨

大切なのは、その法律での枠組みのもと、いかにきめ細かいサポートをしていくか、ということは変わりない。
さらに頑張っていかないと😊
医療ケア児支援。
いまある課題や地域間格差の凹がどんどん埋まるといい。
現場を支える人員と医ケア児が安全に過ごすための環境への予算。その正しい使い道。これが大事。これが欲しい。
ここまで、
やっとこぎ着けたという思い
どんな支援制度が出来てくるか楽しみ!
待ち望んでいた方も多いと思います。一歩前進というところでしょうか。
ご家族の日常に心身のゆとりができれば、子どもたちも幸せ☆

待ち遠しいのと
更に私たちができることを探っていきたいです☆
うまく機能しますように
医療的ケア児の支援に地域差をなくす取り組み。
責任を重くせず、取り組める人を増やしていければいいですね。
「たんの吸引や人工呼吸器など、医療的なケアが必要な子どもや、その家族を支援するため、国や自治体に必要な対応を求める法律が、11日の参議院本会議で可決・成立しました。」
「普通に生まれた子どもたちと一緒に教室で学ぶべきだという方向性を示した」
とか
選挙が近いと子供がダシに使われるんだって。
法律の成立は喜ばしいが、野田聖子議員が当事者として旗振り役をしていることには少し違和感。

彼女は卵子提供を受けて胎児に重い障害があることを知りつつ50歳で出産し、息子さんは1歳になるまでに何度も手術を受けている。

どこかで線引きが必要だと感じる。
医療技術の発展によって、救える命が増えた。それは本当に素晴らしいこと。でもケアが必要な形で命がつながるケースも増えていて、そういう子どもたちのための法律。私の親戚にも、幼少期の事故で重度障害者になった者もいる。社会全体で支え合える仕組みになるといいなー。
「〝医療的ケア児〟支援する法律が成立 | NHKニュース」と報じる。日本の悪しき習慣。建前と本音の乖離。現状が全く山の麓なのに山頂に一気に飛ぶ様な乱暴な法律。結局現場とケア児が被害。ケア児に最適環境を提供する事が肝要で現場にねじ込むのが幸福でない。
とても意義のある法律。
その子供も親も社会で支えられる世の中になってほしい。
『「医療的ケアが必要な子どもたちが懸命に生きていることや、生きていくために計り知れない親の犠牲の上に成り立っていることを』
/ | NHK
私がこの言葉を知ったのは議員になってすぐのこと。勉強して、議会でも取り上げた。堺市では専門的な保育園もできた。この法をアクセルにして、さらに支援を充実させたい。
「医療ケア」の文字がたくさん出ていたので、何かな、と思っていたら、法律が成立した、というニュースですね。情報収集。。。うちは、いろいろあったけれど、本当にみなさんによくしてもらっています。私もがんばろう。

|
「医療的ケア児」支援の、まずは第一歩

難病や障害で日常的に、たんの吸引や人工呼吸器などが必要な「医療的ケア児」や、その家族を支援するため、国や自治体に必要な対応を求める法律が、11日の
参議院本会議で可決・成立した。
たんの吸引や人工呼吸器など、医療的なケアが必要な子どもや、その家族を支援するため、国や自治体に必要な対応を求める法律

国や自治体の支援策を「努力義務から責務」として法で明文化。
NHK WEB
両親と妹が取材受けました!
読んでみてください☺️🙆🏻‍♀️
取材だらけの生活してます😂
ついに成立❗
今後は、各自治体での取り組みを、地方議会でしっかり推進していく必要があります。
これまでも私も、初質問から取り上げてきましたが、今後もさらなる支援拡充へ頑張ります❗

「」支援する法律が成立
正しいです❗️
よかった。さらに支援が柔軟なものになっていきますように。。→
「息が出来ない」ヒスパニック Japaneseバージョン
たんの吸引や人工呼吸器など、医療的なケアが必要な子どもや、その家族を支援するため、国や自治体に必要な対応を求める法律が、11日の参議院本会議で可決・成立しました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR