TOP > 科学・学問 > 毛を作り出す器官の形成 マウスの細胞解析で解明 理化学研究所 | NHKニュース

毛を作り出す器官の形成 マウスの細胞解析で解明 理化学研究所 | NHKニュース

40コメント 2021-06-10 05:41  NHKオンライン

【NHK】毛を作り出す「毛包」と呼ばれる器官が形づくられる仕組みについて、神戸市の理化学研究所のグループが、マウスの細胞を詳細に解…

ツイッターのコメント(40)

⚠︎ハゲに朗報⚠︎
未来はつるっぱげのように明るいゾ
朗報すぎる
毛を作り出す「毛包」と呼ばれる器官が形づくられる仕組みについて、神戸市の理化学研究所のグループが、マウスの細胞を詳細に解析することで解明したと発表

にゅにゅにゅーって伸びるんだね😂
ということは、発毛するってことかな?
毛を作り出す器官の形成の仕組み解明へ。再生医療への活用期待。
生やしたり抜いたり
人はどうして毛にこだわるのか❓
全身に毛を生やして、三毛猫に染めてください!とかやりたいな🐈
定期的にこういう話題でてくるけど、実際技術科されたら潰れる会社・業界が多すぎて一般市民には提供されないんでしょ
だってよ!良かったねハルマさんw
早く!ノーベル賞をあげてくれ!
>>
気にならないふりをしています。
喜べハゲ
禿げに朗報
しかし高いと思う
頼む…間に合ってくれ…!(間に合ってない)
もうハゲに怯えなくて良い日も近いようだな!
人間の英知は、ハゲだって乗り越えられる!
特殊な顕微鏡を使ってマウスの毛包ができていく様子を細胞単位で撮影し解析した。

藤原裕展チームリーダー
「iPS細胞などから毛包幹細胞を生み出したり、増やしたりする技術の発展につながる可能性がある。今後の再生医療の研究に活用できるのではないか」
やばすぎる
Ex vivo 長期の Sc-RNAseq
説得力のレベルが違う

ハゲ、髪の毛再生への大きな一歩
最後のネイチャーがアートネイチャーに空目した >
一部の人が喜びそうw
もまえらに朗報w

彡 ⌒ ミ
(´・ω・`)

hage滅亡の危機。
マウスの細胞解析で解明 理化学研究所
ハゲには朗報だな...
理化学研究所、毛を作り出す器官、毛包の形成過程を解明

ハゲ根絶の最終兵器😎
どんな金持ちもハゲには勝てなかったのに… / (NHKニュース)
ハゲに朗報
>平らな皮膚の上に4種類の細胞が同心円状に並んでいますが、それぞれの種類の細胞が段階的に皮膚の奥に成長していくことで、筒状の毛包ができることが分かった。さらにこの同心円の中の1種類の細胞が毛が生える際に重要な働きをする「毛包幹細胞」になることも初めて確認した
「毛包」に朗報❓❓❓
理化学研究所
iPS細胞を使って再生医療につなげる考えです。
「理化学研究所、毛を作り出す器官の形成、マウスの細胞解析で解明」NHK
これは興味深い!
おっおー
ワシで人体実験してみてもいいぞw
NHK6/10:毛を作り出す「毛包」と呼ばれる器官が形づくられる仕組みについて、神戸市の理化学研究所のグループが、マウスの細胞を詳細に解析することで解明したと発表しました。再生医療への活用が期待できるとして注目されています。→
リアルフェイクファーとか出来るのかなこれ。 -
毛を作り出す「毛包」と呼ばれる器官が形づくられる仕組みについて、神戸市の理化学研究所のグループが、マウスの細胞を詳細に解析することで解明したと発表しました。再生医療への活用が期待できるとして注目…
※とても興味深い研究結果ですね。
しかし、こういう研究が実用化するまでに、私の頭髪の「リミット」は来てしまいそうですw
今回の成果でiPS細胞などから毛包幹細胞を生み出したり、増やしたりする技術の発展につながる可能性

➡︎
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR