住民票がない路上生活者のワクチン接種 どう進める? | 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース

【NHK】高齢者への新型コロナウイルスのワクチン接種が進む中、住民票がない路上生活者の多くは接種券を受け取れておらず、今後、こうし…

ツイッターのコメント(28)

特別給付金の時はこういう話題結構出たけど、ワクチン接種についてはほとんど目にしないよな
ここだよなぁ。
「申し出があった際」という以前に、ワクチンを受けられる機会があるということを伝えられる環境が作られないといけないのでは
「路上生活者について、国はことし4月末(略)自治体で接種が受けられることを周知し、申請があれば接種券を発行して適切に接種を進めるよう通知を出していますが、現場での対応は進んでいないのが実情」
日本福祉大学山田壮志郎先輩へのインタビューも掲載。
コロナ禍で住所が無い者が増えてきている。社会としても、「住所があって当然」という認識から脱却する時期なのかもしれない。
>山田壮志郎教授(日本福祉大学)
住民登録をベースに配布される支援は、ホームレスには届きにくい。…どうしてもイレギュラーな人たちは後回しになってしまっている。
『当たり前の環境がない人たちがいるんだ』ということに、一人一人が気付くことが求められている。
そうか、コロナのワクチン接種は住民票が無いと受けられないのか…。それはちょっと大変では。
それに、集団免疫の形成が随分先になってしまう。
河野太郎大臣、この問題に真剣に取り組んでください。(大臣のエゴサーチの目に止まりますように)
 
PR
PR