学校の熱中症対策の手引き 初めてまとめる 文科省と環境省 | 熱中症 | NHKニュース

【NHK】学校で熱中症になる児童や生徒があとを絶たない一方、地域によって対策のレベルに差があることから、文部科学省と環境省は、教育…

ツイッターのコメント(14)

風の通り具合とか熱のこもり方とかもありますので、あくまで一つの参考にはなるかと思います。今まで出ていなかったのもそれでかも。
学校には児童生徒以外にも生き物がいることも忘れないでほしいな。→
これまでも、「暑さ指数」を使って、とかいう指示?はあったような気がするけど、ガイドラインのようにまとまったものはなかったのか。オリンピックの学校感染も熱中症リスクは避けられないから、あちこちに忖度せず、事前も現場でも冷静な判断を。
これに従えば児童生徒の五輪観戦はアウトでは?
夏はほとんど体育無しになりますね。
まあ30℃超えたら運動はできないですよね。普通に。
午前中の早い時間ならまだ運動も出来るかもしれないので、時間割によって体育の時数に差が出てしまいそうですね。
> 『初めて』まとめる

毎年5000件もの熱中症の報告があるのに「初めて」だなんて....

それでもないよりはずっとマシ。
栃木県も現状何も基準がない。
早急に基準を策定して対応いただきたい。

NHKニュース
熱中症の危険性を示す「暑さ指数」を基準に、運動や行事を中止するなどの判断や行動の目安をあらかじめ決めて、授業や部活動の前にはグラウンドや体育館など実際に活動する場所で「暑さ指数」を測定するなど
NHK
…ガイドライン等の基準や計画での準備とともに、それを運用・実践していく現場をあずかる”人”が重要です。
…ソフトとハードの環境整備による「犠牲の最少化」へ。最悪は回避できる類いです
「マスクを外すタイミング」バージョンも必要。
学校で熱中症になる児童や生徒があとを絶たない一方、地域によって対策のレベルに差があることから、文部科学省と環境省は、教育委員会などが熱中症対策のガイドラインを作成するための手引きを初めてまとめました。
学校で熱中症になる児童や生徒があとを絶たない一方、地域によって対策のレベルに差があることから、文部科学省と環境省は、教育委員会などが熱中症対策のガイドラインを作成するための手引きを初めてまとめました。
学校で熱中症になる児童や生徒があとを絶たない一方、地域によって対策のレベルに差があることから、文部科学省と環境省は、教育委員会などが熱中症対策のガイドラインを作成するための手引きを初めてまとめまし…
以上
 

 
PR