インドなどからの入国者 待機期間10日間に延長へ 水際対策強化 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

【NHK】インドで確認されている変異した新型コロナウイルスへの水際対策を強化するため、政府は、インドなどから入国する人について、入…

ツイッターのコメント(60)

「当初は、待機の期間を14日間にすることも検討されましたが、宿泊施設が不足しているうえ、対応できる検疫所の職員の確保も難しくなっていることなどから現時点では見送ったということです」
「当初は、待機の期間を14日間にすることも検討されましたが、宿泊施設が不足しているうえ、対応できる検疫所の職員の確保も難しくなっていることなどから現時点では見送った」
まだ方針を決めただけ☝なぜ世界標準の14日間さえできないのか?
五輪2ヶ月前にならないと本気にならない政府…
予算を増やしてこなかったし今からも増やす気がないので感染対策強化が弱くなる< 待機の期間を14日間にすることも検討されましたが、宿泊施設が不足しているうえ、対応できる検疫所の職員の確保も難しくなっていることなどから >
国内でインド変異株がどんどん見つかってから水際対策を強化しても手遅れ。次は14日間待機か。なぜ最初からしないのか。英国型と同じ失敗の繰り返し。菅政権はダメ。
待機じゃなくて追い出せよ。

政府はマジで頭沸いてるのか?
病院いったほうがいい。
<14日間にすることも検討されましたが、宿泊施設が不足しているうえ、対応できる検疫所の職員の確保も難しくなっていることなどから現時点では見送った>

先々を考えて人手や予算を用意することが、未だにできない。
何かいい方法をとることにしたぞ!的なニュアンスを漂わせているが、元々14日間必要なのを6日でいいやってことにしていたのを少し延ばしただけ。まだ足りてないよ!
メモ

3月28日 検疫でインド株発見
4月26日 都内で感染者発見
5月01日 待機を3日に
5月10日 待機を6日に
5月21日 待機10日へ検討

2週間に出来ないアホな理由
宿泊施設が不足、対応できる検疫所の職員の確保も難しい
これまでに国内の検疫所の検査で、160人からインドで見つかった変異ウイルスが検出されたということで、厚生労働省が警戒を強めています。
 

 
PR