TOP > 社会 > 東京都「発熱相談センター」相談 増加傾向 連日2000件超える | 新型コロナウイルス | NHKニュース

東京都「発熱相談センター」相談 増加傾向 連日2000件超える | 新型コロナウイルス | NHKニュース

23コメント 2021-05-11 15:24  NHKオンライン

【NHK】発熱がある人に医療機関を紹介する東京都の「発熱相談センター」に寄せられる相談は増加傾向で、今月に入って連日2000件を超…

ツイッターのコメント(23)

あまり大きな報道にはなっていないけれど、東京都の「発熱相談センター」に感染者2500人を超えた去年末前後と同じぐらいの電話を受けているとの首都圏ニュース。受信数に比例して当然感染者も増えると。都が発表する感染者数を大幅に上回る数が既にいるんだろう。
GWみんな活動活発だったのかな…
東京、これからが怖いわね…火山爆発前みたいな、嵐の前の静けさみたいな。
《発熱がある人に医療機関を紹介する東京都の「発熱相談センター」に寄せられる相談は増加傾向で、今月に入って連日2000件を超える高い水準となっています。》
2000件を超える相談が続くのは、第3波の年末年始以来です。
→傾向は大切です!もっと注意すべきで、悪くなると余りに早い症例も。
GWの結果が出るのはもう少し先。
どうなることやら.
発熱がある人に医療機関を紹介する東京都の「発熱相談センター」に寄せられる相談は増加傾向で、今月に入って連日2000件を超える高い水準となっています。発熱相談が多くなると感染確認も増える傾向があることか…
医療機関が休みのときに相談件数が増えるが、第3波の時のピークは年末年始の医療機関が休みになる時期で、そのおよそ1週間後が感染者数のピークだった。
連休中に感染したんやろな。
東京も悪化してきた。
首都で医療逼迫となるとオリパラ開催の大義名分も無くなるだろう。
ワクチン接種済のアスリート限定のうえで無観客開催になる流れのようだ。
IOCを頂点とする関係者達には今回のことがきっかけになって、世界中から厳しい批判が集まるだろう。
発熱がある人に医療機関を紹介する東京都の「発熱相談センター」に寄せられる相談は増加傾向で、今月に入って連日2000件を超える高い水準となっています。発熱相談が多くなると感染確認も増える傾向があること…
発熱相談が多くなると感染確認も増える傾向があることから都は警戒を強めています。感染者が増えている状況が続いているのではないか。大型連休中に休診した医療機関が多かったこと等の影響を見極める必要がある
厳しい状況がまだ続きそうだね…🙄

🔹発熱がある人に医療機関を紹介する東京都の「発熱相談センター」に寄せられる相談は増加傾向で、今月に入って連日2000件を超える高い水準となっている。

発熱相談が多くなると感染確認も増える傾向があることから都は警戒を強めています
コールセンター系で、2,000件の入電/日は
「殆ど繋がる事はない」
と思っていいですね。はい。
回線数どんぐらい抑えてるかはわかりませんがね。
オペレーター数何人居るかはわかりませんがね。
実際のところ、ここがリアルな数字に直結するからね。。。
感染の先行指標。良くない傾向。~
連休中、保健所や病院が空いてなかった期間の相談は割り引いて見ないといけないかも。
“今月に入って9日までの9日間のうち、7日で2000件を超えています”
“大型連休中は特に増え、こどもの日の5日は、今月最多の2700件”
“2000件を超える相談が続くのは、第3波の年末年始以来”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR