TOP > 社会 > ランサムウエア感染で“身代金”要求 日本企業で被害相次ぐ | IT・ネット | NHKニュース

ランサムウエア感染で“身代金”要求 日本企業で被害相次ぐ | IT・ネット | NHKニュース

20コメント 2021-05-04 20:24  NHKオンライン

【NHK】企業のパソコンなどに保管してあるデータを暗号化して、その解除と引き換えに身代金を要求し、支払いを拒んだ場合には、盗み取っ…

ツイッターのコメント(20)

これ、例のリモートコントロールソフトウェアの使用者じゃね?
明日メール開く時は注意して下さいね。
最近機密情報が公開されるケースが相次いでいて内閣サイバーセキュリティセンターが注意を呼びかけています。
身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」。コロナ禍で整備したリモートワーク環境のセキュリティーの不備などが狙われて攻撃されるケースも目立っていて、内閣サイバーセキュリティセンターが、注意を呼びかけています。
リスク激高になるからテレワークが出来ないって企業、たくさんあると思うよ。政府は何やかや秘密裏にやってる事たくさんある癖に、国民の情報管理が自分らの提言が為に危機的になっても知らんぷりだからね。
データのバックアップだけでは済まないところが面倒です。
感染で“身代金”要求 | IT・ネット | NHKニュース
昨晩のニュースウオッチ9でこの件を取り上げており、REvilの関係者へロシア語で取材していました。もう少し内容があったので、別記事が出てくるかも知れませんね。

「 日本企業で被害相次ぐ」
連休明けは要注意だね→
「身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」が使われ、感染するとパソコンなどに保管してあるデータを勝手に暗号化して使えなくしてしまい、その解除と引き換えに身代金を要求するものです。」
“身代金”要求
企業のPCデータを暗号化して、その解除と引換えに身代金を要求し拒んだ場合に、盗み取ったデータを公開すると、さらに脅迫するサイバー攻撃。最近、機密情報の公開が相次いでおり、内閣が注意を呼びかけている
NHK
そのうちゲットしたメアドの情報から役職とか推定して、部下のミスをネタにその上司をゆすってくる、サイバーオレオレ詐欺的なのが出てくるんじゃないか。。
ランサムウエア感染ひどかった。パソコン内の全ファイルがやられた上に、パソコンにつながってたクラウド(自分の場合はドラップボックス)の全ファイルもダメになった。大学のサーバーに入れてたファイル(論文、グラント、研究事務など)は無事。そういうこともあったな。
ここ最近、当方にも、問い合わせいっぱいきています。
こういうウィルスは最悪無視しとけばいいってできないの怖いっすね
セキュリティ認識の甘さを一気に突かれる。
ここまで「ボーッと過ごしてきた」ネットワーク音痴の経営者はツケを払わなければならない。
企業のパソコンなどに保管してあるデータを暗号化して、その解除と引き換えに身代金を要求し、支払いを拒んだ場合には、盗み取ったデータを公開すると、さらに脅迫するサイバー攻撃。最近、日本の企業が攻撃を受け…
なぜこのタイミングでこの記事出したんだろう。
日本は国家としてのサイバー戦能力が韓国や北朝鮮にも劣る世界11位に留まるとの調査結果もある。仮にデジタル庁で国民のデータ管理一元化をやるならその安全性の確保が必要不可欠だが、これまでのところその議論が深まっておらずひたすらにスピード感だけが重視されている。
最近ちょこちょこランサムウェアのニュースが上がってくるけど、新しいやり口でも出て来るのかな?

だとしたら気をつけねば!
ランサムウエアの感染で、身代金要求ではなく、そもそも、ランサムウエアは和名で「身代金要求型ウイルス」って言われてるんだから、当然だろ
患者カルテがやられて300万払った人柱の教訓は活かされぬのか
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR