TOP > 社会 > 大阪 地域クリニックにもコロナの影響 発熱外来訪れる人急増で | 新型コロナウイルス | NHKニュース

大阪 地域クリニックにもコロナの影響 発熱外来訪れる人急増で | 新型コロナウイルス | NHKニュース

25コメント 2021-05-04 20:38  NHKオンライン

【NHK】重症患者の数が用意された病床数を超えるなど医療提供体制が危機的な状況になっている大阪では、地域のクリニックにも大きな影響…

ツイッターのコメント(25)

「発熱外来を訪れる人が急増し、前の月の3倍近い419人に達しました。
このうち検査で陽性が確認されたのは106人で、陽性率は25%を超えています」「入院が必要な人が入院できず」・・医療崩壊
どこも同じか?
”この診療所の医師は1人だけで、高齢者などかかりつけの患者も多く抱えていることから、新型コロナの対応がこれ以上増えると、一般の診療ができなくなると危機感を抱いています”
| NHK

2021年5月4日 20時33分
陽性率は25%を超えています。
街のクリニックも大変なことにw
「(感染者が増えると)一般診療にも影響が出てくる。自分たちは大丈夫だと思わないで、感染しないような行動を取ってほしい」本当にこれ。
「自宅で療養中に容体が悪化しても入院できない患者が増えたことから、自宅を訪ねての診察や、電話で症状を聞き取って薬を届けるといった新たな対応も迫られている」
#東京五輪中止
2回目の緊急事態宣言を早期に解除したツケがここに回ってきてるような感がある。そして飲食店には店を閉じさせて、大阪府知事の責任は大きい。
地域の発熱外来もパンク寸前のようだ。しかも陽性率が25%とは地域封鎖も考えるべき時かも→
いわゆる町医者もがパンク状態に近い様子。発熱外来に訪れた患者の4分の1以上がコロナ陽性と…。緊張。
先月に入り、発熱外来を訪れる人が急増し、前の月の3倍近い419人に達しました。
このうち検査で陽性が確認されたのは106人で、陽性率は25%を超えています。大型連休中も休みを返上して診察にあたっていますが
"先月に入り、発熱外来を訪れる人が急増し、前の月の3倍近い419人に達しました。

このうち検査で陽性が確認されたのは106人で、陽性率は25%を超えています。"
「先月に入り、発熱外来を訪れる人が急増し、前の月の3倍近い419人に達した。
陽性が確認されたのは106人で、陽性率は25%を超えています。
大型連休中も休みを返上して診察にあたっていますが、予約の電話がひっきりなしにかかり、断らざるをえない日も出てきました。」
「さらに感染が拡大し、もっと重症の人にも対応するようになると、一般診療にも影響が出てくる。自分たちは大丈夫だと思わないで、感染しないような行動を取ってほしい」 /
陽性率45%って、発熱などで怪しいな?と思った人の半分近くがコロナってことですよね…
陽性率25%…「自分たちは大丈夫だと思わないで、感染しないような行動を取ってほしい」
25%って。。。

発熱外来を訪れる人が急増し、前の月の3倍近い419人に達しました。

このうち検査で陽性が確認されたのは106人で、陽性率は25%を超えています。
重症患者の数が用意された病床数を超えるなど医療提供体制が危機的な状況になっている大阪では、地域のクリニックにも大きな影響が出ています。
“「第4波の今は、入院が必要な人が入院できず、自宅で療養している人たちの対応も地域の医師が手伝わざるをえない状況」”
先月に入り発熱外来を訪れる人が急増し、前の月の3倍近い419人に達した。検査で陽性が確認されたのは106人で陽性率は25%を超えてる。

一方、大阪の週平均陽性率は  7.2%に減少、検査数の多くが施設の集中検査であることの証左!
発熱外来 陽性率は25%😱
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR