ワクチン接種の高齢女性死亡 “因果関係 評価できず” 厚労省 | 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース

24コメント 2021-04-23 18:48|NHKオンライン

ツイッターのコメント(24)

ファイザーのワクチンの接種を受けた102歳の女性が死亡。
厚生労働省によると、「死亡したのは接種の4日後で、
接種の前に誤えん性肺炎や慢性心不全などと診断されていた」

ご高齢で体調が悪いのに何故接種したのか、腑に落ちない。
明らかな因果関係があるではないか。
先週、新型コロナウイルスのワクチンの接種を受けた102歳の女性が死亡。厚生労働省「接種との因果関係は評価できない」
国内ワクチン接種後死亡事例10例に増えましたね。
因果関係評価出来ない 悪チン
女性は、免疫機能が高いのだろう。

アナフィラキシーを発症した人の86%は20代から50代の女性
102歳か・・・(別にもlゲフンゲフン
年間140万人が亡くなっているんだから、
全国民にワクチン接種しようとしたら
接種後に死亡が100万人単位で出るに決まってるでしょう。
誤えん性肺炎や
慢性心不全などと
診断の102歳

ワクチン接種は肯定的ではありませんが
因果関係云々より
この状態で接種させようと判断したことの方が
問題なんじゃないかと😕
「102歳の女性で誤えん性肺炎や慢性心不全などと診断されていた」

おいおい
この基礎疾患でなぜ接種させた?
102才の接種データどの程度あるのかエビデンスを出して頂けますか と思いました記事タイトル。

所でエビデンスは三菱社員がよく使う技術用語ですね。
102歳?
ワクチン以前の話しでしょ。
| NHK

”死亡したのは今月12日にファイザーのワクチンの接種を受けた102歳女性”

”死亡したのは接種の4日後で、接種の前に誤えん性肺炎や慢性心不全などと診断されていた”

これ、ワクチン以前の問題では??
NHK NEWS WEB: 厚労省.

「死亡したのは、(中略)102歳の女性です。(中略)死亡したのは接種の4日後で、接種の前に誤えん性肺炎や慢性心不全などと診断されていた」よくそんな人に接種したな。接種基準に該当するのか?
ワクチン接種の前に誤えん性肺炎や慢性心不全などと診断されていた102歳の女性が接種の4日後に亡くなりました。
ワクチンは不老不死の薬ではないので打っても打たなくてもコロナ以外の病気や老化は防ぐことはできません。
なぜ打った?


”厚生労働省によりますと、死亡したのは接種の4日後で、接種の前に誤えん性肺炎や慢性心不全などと診断されていたということです。”
「死亡したのは、今月12日にファイザーのワクチンの接種を受けた102歳の女性です。」
寿命すぎて笑ってた 大往生ね
海外で起きていることは起きる。
102歳まで生きて今更、ワクチン接種で。感染リスト低いと思うけど。家族だとしたら残念
死亡したのは、今月12日にファイザーのワクチン接種を受けた102歳の女性
厚労省によると、死亡は接種の4日後
接種の前に誤えん性肺炎や慢性心不全などと診断されていた
「高齢で、もともと全身状態がすぐれなかった可能性があり、接種と死亡との因果関係は評価できない」
厚生労働省は、先週、新型コロナウイルスのワクチンの接種を受けた高齢の女性が死亡したことを明らかにしました。厚生労働省は「接種との因果関係は評価できないものの、体調がすぐれない時は接種を延期することも検討してほしい」と呼びかけています。
見出しに102歳と書かないのは卑怯だと思うんだよな。
102歳で誤嚥性肺炎発症しててワクチン接種するなよw

| 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース
厚生労働省は、先週、新型コロナウイルスのワクチンの接種を受けた高齢の女性が死亡したことを明らかにしました。厚生労働省は「接種との因果関係は評価できないものの、体調がすぐれない時は接種を延期すること…
「接種を受けた医療従事者や高齢者のうち死亡したのは合わせて10人」

結局、なかったことに。
以上
 
PR
PR