TOP > 国際 > アフガニスタン駐留米軍 9月11日まで完全撤退へ バイデン政権 | 米 バイデン大統領 | NHKニュース

アフガニスタン駐留米軍 9月11日まで完全撤退へ バイデン政権 | 米 バイデン大統領 | NHKニュース

18コメント 2021-04-14 04:35  NHKオンライン

【NHK】アメリカのバイデン政権は、アフガニスタンに駐留するアメリカ軍について、同時多発テロ事件から20年となることし9月11日ま…

ツイッターのコメント(18)

バイデン大統領は、数日前にアフガニスタンからの米軍撤退を発表したばかりなんです。その直後に台湾について言及が来たので、このふたつに繋がりがあるようで怖いんですよね。
バイデン政権の高官は「アフガニスタンが抱える問題は軍事力では解決できない」と指摘し、撤退後は交渉を通じた和平の実現に力を入れるとしています。
9.11までは、ロシアのクリミア侵攻、中国の台湾進攻は無いのかな。。。

アフガニスタン駐留米軍を9月11日までに完全撤退へ
🇬🇧🇷🇺「チラッチラッ」
実現すれば、欧州→中東→アジアへと転換する国際政治史のシンボルデーとなるだろう
20年前の9.11と共に
“アメリカ史上最長の戦争”ともいわれる戦争を続ける意義に疑問を呈しました。
なるほど…労働者の皆様頑張りましたね。お疲れ様です
あの大きなテロから、ずっと続いていたのか……
★何だろね。
9.11というグローバリスト・テロの日を持ち出してくる意図が図々しい。
2001年9月11日の同時多発テロ事件をきっかけに始まったアフガニスタンでの軍事作戦は「アメリカ史上、最も長い戦争」とも言われ、ピーク時には10万人規模の部隊が駐留していました。
アメリカのバイデン政権は、アフガニスタンに駐留するアメリカ軍について、同時多発テロ事件から20年となることし9月11日までに完全撤退させることを決めたと明らかにしました。
【9/11までに完全撤退へ】

バイデン政権は、アフガニスタンに駐留する米軍について、同時多発テロ事件から20年となることし9/11までに完全撤退させることを決めたことを発表

アルカイダ復活の可能性があることから、徹底後も米軍が支援します
…重点シフトの一環とみられます
…西太平洋戦略の見直しが抜本的に進んでいるようです
…我が国ももちろんその詳細は表に出ることありませんが、戦略と戦闘様相の見直しが当然進んでいます?
今年の9月11日までには911事件のすべてが明らかになる予感。
バイデン政権/NHK ニュース
めづらし。誰が決めてるの?
9月11日までにアフガニスタンから米軍撤退へ (NHK) アメリカのバイデン政権の高官は13日、バイデン大統領がアフガニスタンに駐留するアメリカ
9月11日までにアフガニスタンから米軍撤退へ

アメリカのバイデン政権の高官は13日、バイデン大統領がアフガニスタンに駐留するアメリカ軍について、同時多発テロ事件から20年となることし9月11日までに完全撤退することを決めたと明らかにしました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR