河野規制改革相 高齢者接種の必要量ワクチン 6月中確保に | 新型コロナウイルス | NHKニュース

【NHK】新型コロナウイルスのワクチン接種を担当する河野規制改革担当大臣は、全国のおよそ3600万人の高齢者が2回接種するのに必要…

ツイッターのコメント(15)

高齢者向けワクチンの確保が六月末に確定したのが4/9。来月から本気出すみたいな発言を大臣がしてました(´・ω・`)
今になって、首相が必死になってワクチン確保をしようとしているというのなら、この報道もウソっぽいな。

「3600万人の高齢者が2回接種するのに必要な量のワクチンを6月中に確保できる具体的な見通しがついた」
高齢者の分しか確保してないのか…
6月中に高齢者およそ3600万人分のワクチンが輸入完了する予定だという。
河野大臣「5月中旬以降は、ほしいと言われた量を出せる態勢になる予定で、自治体もフルスイングで打ってもらえると思う。人口の少ない自治体は、早いうちに、基礎疾患がある人への接種に移行する」
金曜の記事。数字は控え目だった河野氏がここまで言うのは珍しい気する

「来月中旬以降は、ほしいと言われた量を出せる態勢になる予定で、自治体もフルスイングで打ってもらえると思う。人口の少ない自治体は、早いうちに、基礎疾患がある人への接種に移行することになる」
ワクチン接種の意味は法改正
「時論公論が答え」
四月にって話しは?
六月からだってあてになるんですか?
オリンピック無理っしょ。
つまり、7月に接種終われるかどうかってことですね。
働き盛りの人たちにはいつ接種が始まるの?五輪選手や関係者やボランティアにも早くしてもらわないと。まだまだワクチンが全然足りないから、強力なネゴシエーターを欧米に派遣して欲しい。
6月になっても同じ事言ってると思うよ、来年分の国際争奪戦で日本政府はどういった行動するの?
「人口の少ない自治体は、早いうちに、基礎疾患がある人への接種に移行することになる」と述べました。

700万人と人口が多いが、東京大阪神奈川の半分の供給量の埼玉や名古屋の住民は、ワクチン格差を負ってしまった。知事さん河野さんに噛み付いてくださいよ。💢
「来月中旬以降は、ほしいと言われた量を出せる態勢になる予定で、自治体もフルスイングで打ってもらえると思う。」
"高齢者6月接種完了→6月中に確保"…ずいぶんとまた後ろ倒しになったねえ…。河野大臣でもどうにもできなかったか。こりゃ一般接種は年内無理だな。酒飲んでマスク外すアホに怯える日々がまだまだ一年以上続く。

「 6月中確保に」
「自治体もフルスイングで打ってもらえると思う」表現w
頑張って欲しい。
以上
 
PR
PR