TOP > 政治・経済 > “妊娠の大変さを” 男性議員が2日間 “妊娠7か月”疑似体験 | 働き方改革 | NHKニュース

“妊娠の大変さを” 男性議員が2日間 “妊娠7か月”疑似体験 | 働き方改革 | NHKニュース

21コメント 2021-04-08 17:17  NHKオンライン

【NHK】妊娠した女性の大変さを疑似体験し、男性の育児参加を促す政策に生かしたいと、自民党の若手国会議員らが、妊娠7か月ごろにあた…

ツイッターのコメント(21)

月収13万円生活も体験なさってはいかがでしょうか、まずはアパートを借りるところから。最低賃金で暮らしていけるか、お考えいただきたい。
ちなみにお産の痛みは男性がキ○○マをずっと蹴られている状態の痛みらしいんですって。女性から聞いたわ!ホントにそうなら大変な痛みよ。
「次は○○議員」と指名し、リレー形式で続けていくといいと思う。 上下スーツだと、一層しんどい。議事堂本館・分館の「絨毯」は、案外歩きづらい。
重さが重要なのではありません。
あなた方いっぺんお母さんのお腹の中からやり直しなさいという感じだし、これを提案したのが女性議員であるということにもう救いようのなさを禁じ得ない。こういうことはかえって政治家に必要な想像力を育むことを阻害するだろう。大体、これがニュースになるようでは世も末だ
ベテラン議員さんこそ体験すべき!
ಠ ͜ʖ ಠ フツカ? トツキトオカヤロ?
こんなことやってること自体、世間とズレてるんだよなぁ
2日にわたりって寝るときも付けるのかな?ほんと腰気をつけて
そんな暇があるのなら緊急事態宣言だして一律給付の議論して❗️😡😡😡😡😡😡😡😡😡
妊娠した女性の大変さを疑似体験し、男性の育児参加を促す政策に生かしたいと、自民党の若手国会議員らが、妊娠7か月ごろにあたる重さ7キロ余りのジャケットを身につけたまま生活する取り組みを行っています。
3人の若手衆議院議員らが2日間にわたって、妊娠7か月ごろにあたる重さ7キロ余りの「妊婦ジャケット」を身につけて生活します。

鈴木憲和衆議院議員は
「当事者の気持ちに寄り添う2日間にしたい」と
若手だけじゃなく、ご勇退していただきたい方々にも体験していただきたいですね

あなた方の妻は、こんな大変な状態であなたを支えたんですよ、感謝しましょう

そして、これだけ体がキツイのに、メンタルもゴリゴリ削られるのが今の時代の妊婦です
もっと大切にしてください
2日間体験したから何だと言いたいの? 妊娠体験を2日間でできるなら女性は苦労しないわ・・・バカじゃないの。
妻や子供を大切に思う事だ。
NHK,タイトルからわざと「自民党」抜いてる?

『自民党青年局が企画したもので、3人の若手衆議院議員らが2日間…』
『5歳と2歳の子どもを育てる鈴木憲和衆議院議員は「こんなに重いのかと感じる。当事者の気持ちに寄り添う2日間に」』
『企画を提案した鈴木貴子衆議院議員』
"3人の若手衆議院議員らが2日間にわたって"
あら、ベテラン議員は体験しないの?
一般人女性の所得の割合と離職率の統計から換算した給料をこの議員どもから差っ引くのを10年続けたら良いじゃん。子供3人生んだらそれぐらいだろ。もっと参考になるだろう。

| 働き方改革 | NHKニュース
これを発案したのが男女どちらなのか、女性だとしたら経産婦(当事者経験のあるひと)なのかが気になる。
お腹の重さなんてたいしたこと無いです、産後のつらさに比べたら。 こんなことでわかった風なことを言わないで欲しいです。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR