アストラゼネカ開発のワクチン問題 EUが18日の会合で対応決定 | 新型コロナ ワクチン(世界) | NHKニュース

【NHK】アストラゼネカなどが開発した新型コロナウイルスのワクチンをめぐって、接種後に血栓が確認されたなどとしてドイツやフランスが…

ツイッターのコメント(12)

製造ロットによって不良品がある可能性
アストラゼネカ
普通は こうだよな

一旦止めるだろう
問題が起きたらね
接種後に血栓が確認されたなどとして独や仏が予防的に接種を見合わせると発表。会社側は安全性を強調していて、EU=ヨーロッパ連合の医薬品規制当局は今週18日に会合を開いて今後の対応を決めることにしています
アストラゼネカワクチンの使用停止はあくまで念のための予防措置であって、来週あたりにはまた接種再開するんじゃないかな。私はそう予想しています。
ここが止まると、日本へのファイザー提供も渋られる可能性が大きいですから、うまくいってほしいなと。
日本も延期だな。何かあるはずだよな。打って、死んでるんだから。兼で動くWHOは黙れ
ワクチン接種(法改正)
欧州医薬品庁の臨時安全委員会の開催は今週18日でした。この日にアストラゼネカ製ワクチンの対応が発表される予定です。
ワクチン接種と血栓の因果関係なしとの事ですが。。過剰に反応しても仕方ないので、世の中がこんな風に反応していますよという情報程度に留めましょう。
アストラゼネカなどが開発した新型コロナウイルスのワクチンをめぐって、接種後に血栓が確認されたなどとしてドイツやフランスが予防的に接種を見合わせると発表しました。会社側は安全性を強調していて、EU=…
"15日には、ドイツやフランス、イタリア、それにスペインの政府が予防的な措置として接種を見合わせると発表">>
| NHK

各国とも、EUの医薬品規制当局のEMA=ヨーロッパ医薬品庁の対応を待って接種の再開を判断するとしています
EMAは、今週18日に臨時の安全委員会を開き、今後の対応を発表する方針を明らかにしました
以上
 
PR
PR