在宅介護職員も条件付きでワクチン優先接種の対象に 厚労省 | 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース

【NHK】病床がひっ迫する中、新型コロナウイルスに感染しても入院できずに自宅で介護を受けなくてはならない高齢者がいます。厚生労働省…

ツイッターのコメント(27)

訪問介護などの サービスを提供する職員について、当初優先接種の対象にしていなかった
病床がひっ迫する中で、感染しても入院できずに自宅で療養せざるを得ない高齢者がいることから、在宅介護サービスを提供する職員も条件付きで優先接種の対象にすることを決めた
この限定条件は厳しすぎ。現場で役立たないと思う。

| NHKニュース
| NHKニュース
まず感染した方へサービス提供することが前提
いずれにせよハードルは高いまま
全ての介護職員にワクチン接種を優先すべき
在宅介護サービスを提供する一部の職員さんもワクチンの優先接種の対象に追加される方針です。事業所の方は、狛江市へワクチン接種登録をお願いします。
自宅で介護を受けなくてはならない高齢者の支援を引き続き要望していきます。
ワクチンは急がないけど
一歩前進かな?
訪問介護などの在宅介護サービス従事者が一定の条件のもとコロナワクチン優先接種の対象になります(施設従事者は元々優先)これだけで完全には防げませんが、自宅療養中のコロナ感染者への介護サービスも原則継続が求められるヘルパーの不安が少しでも払拭できますように。
予算委員会で要望したことが一歩前進。施設系だけでなく在宅系の職員も条件付きでワクチンの優先接種対象になります。ただその条件が過度に厳しいものにならないようチェックを続けます。

| 新型コロナ ワクチン
在宅で看護師さんやケアマネさんに訪問看護を受けてる高齢者の方とそのご家族には朗報で安心できます。

尾辻議員や玉木雄一郎議員の提案を厚労省が調整して実現する。
これは国会で議題にした立憲の尾辻議員、国民民主の玉木議員、そして調整した厚労省を評価したい。追及も構わないけど、こういう地道な提案や改善は今より評価されるべき。我々有権者が地道な提案や改善をコツコツ評価することで、長期的には議員や行政の行動が変わっていく。
絶対必要です。

訪問介護サービスのヘルパーが濃厚接触者になると1日7〜8件回る場合、他の利用者にサービスが滞る事態になります。

ヘルパーの人手不足に拍車をかけ、
利用者が生活ができなくなることを意味する
 
PR
PR