TOP > 社会 > 「障害」の「害」を「碍」と表記 常用漢字追加見送りへ | NHKニュース

「障害」の「害」を「碍」と表記 常用漢字追加見送りへ | NHKニュース

52コメント 2021-02-28 06:30  NHKオンライン

【NHK】「障害」の「害」を「いしへん」の「碍」と表記できるように「常用漢字」に追加すべきか検討してきた文化庁の小委員会は、使用頻…

ツイッターのコメント(52)

障(邪魔、妨げる、隔ての意)はそのまま
常用漢字追加見送りした   言い換えたところで意味は変わらず,差別感情を持つものが変わるわけでもない。
「障害」を「障碍」表記にすべきという話、〈害〉の字にネガティブな意味があるからという理屈だけでは「障害」が個人の側にあるというモデルを肯定することにつながりやしないか。
>使用頻度が高まっている状況ではない

いや、常用漢字じゃないから、そもそも使用頻度が上がる訳がないよね。
このこだわりがあまり理解できん。
害じゃだめって人は障害年金もらうなよ。
/
「障害者」に代わる表現を思いつくことが出来ない表現や発想の障害なのだろうか。昨日(2021年2月28日)、そんな事を考えながらこのニュースのポッドキャストを聞いていた。
「〝障害〟の〝害〟を〝碍〟と表記 常用漢字追加見送りへ」と報じる。言葉狩り。害を碍に変更しても障害の本質は全く変わらない。言葉を弄び何が何だか分からなくするのが目的か。印象云々との事らしいが世の中には印象の悪い言葉は五万とある。噴飯だ。
この表記についてずっと疑問なのだけれど、なんで「障(さわり)」はそのままで「害」だけ変更しようってなっているの?
「害」という漢字が持つ意味の問題なら、「障」だってネガティブな意味しかないのに。
私は障害者手帳を持っているが、「害」の字を使うことに何ら抵抗はない
うーん、残念。電線柱の碍子が害子だったら意味分からないよね。
障害者の長年の要望を文化庁が一蹴して色々な意味で面倒くさい展開になってしまった模様
我が中学では運動会の定番種目 は禁句とされていました。障害児が在籍しているのに「害」という言葉を使うのは差別とされ「競争」もNG。我が校はテストの無い学校でした
害でええやんと思う3級であった。
漢字の問題なのかなぁというのはありますが、現代のPCには機種依存でなく登録されてるんで、特に常用漢字追加もメリットが???
適宜公文書やメディアは対応してください(笑)


・I・S
国指定の障害者枠50年の者としては「害」でも「碍」でも同じ 行政が括るために決めた言葉でどーでもいいお話。そもそも「障害者」って言葉止めればいいのにね。
「害」は「損なう」の意
「碍」は「邪魔」の意

どうせなら「障外」にしたら。「障」は隔たりの意だから、「隔たりの外」
障害年金は?
肝機能障害は?
関連団体とかそういう意識高い系のじゃなくて「障害者と呼ばれる当事者」の何%が嫌がってるかで考えたら良いんじゃない

当事者が嫌がってるならアレだけど、老人は老の字でキレてないし、要介護者はその表現で揉めないし、外人は余所者じゃなく外国人の略と説明し直すだけ…
「障」もあまり良い意味ではないけど、こっちはいいんか?
どう書いても同じ読みでは一緒だ💢
字面の問題じゃないと思いますが。
字面なら、総務省幹部や農水省幹部は「患部」にしたほうがいい。いい加減、自民党を下野させろ。
「身体に障害がある」の意味として捉えているし、まだバリアフリーが十分ではない社会を生きている。障害を持っていることを隠して生活しているわけでもない。なので「障がい」「障碍」表記は個人的には要らない気遣い。文字入力場面でも手間かかる。
障害者の「害」を「碍」と表記できるようにするために「常用漢字」に「碍」を追加することは見送られましたね🐨

でも凄く重要な話なんですが

「障害者」に変わる新たな用語を検討するかも知れないんですよ❗❗
皆さんは、どんな用語がしっくり来ますかね🌼
この議論はそれぞれの方で思いに違いがあると思います

もう少し議論の時間が必要そうですよね

時間をかけて議論を深めるための「見送り」ということについて賛成です
日本碍子って会社あるけどな。

言葉狩りよりも、真に障がい者の皆さまの為になる政策を真剣に考える、そこに時間を費やすべきじゃないかな?
「常用漢字」は、使用頻度や造語力など、様々な観点から専門家が検討し、選定しています。
今回も、眠れないほど考えたという委員の方もいらっしゃいます。
単漢字の是非ではなく、根本的な考え方の部分から。
御意。
自分も申請すれば障害者手帳をもらえる身だが、害の字の何が悪いのか理解できない。障害者=「身体・精神的理由で一般生活を送るのに障害がある人」って意味でしょ。害悪があると取る意味が解らない。
“人に対して「害」という字を使うことが受け入れがたい”
とあるけれど、私の解釈ではこの「害」は人に対してではなく障害というハンデに対する「害」。
障害はどう美談にしても本人が生きていく障壁になる事に間違いないのだから、その解釈をむりやり変換する方が抵抗あるな。
「害」の字を変えるのではなく、
「被障害」としたら?障害を被っているのだから
「害」は「公害」をイメージしてしまうので。体の不自由な方の用語として他の漢字に変えた方がいいと思う。しかしそれよりも。「LGBT」や「同性愛」は「障害」なのか?という議論検討を行って欲しい。
障害は人の身体にあるのではなく、本人にとって社会の側にある、という社会モデルの考え方が広まってから、『障害』で納得する当事者が増えています。非当事者が『がい』『碍』を提唱することの方が多いような。
「碍(がい)」。この字があったことすら知らなかった。。。
関係ないけどWordが何度「障害」と書いても「障碍」をしつこく第一候補にしてくるのやめれ。あと「ろう者」と書くといつも「ろう」に修正候補の赤下線いれるのも😩
検討はされてたのね。いや追加しろよ。「障がい者」とか送り仮名みたいで違和感しかねぇよ。メディアも常用漢字じゃないから使えないってんなら「障碍者」って書いてフリガナ振ればいいじゃねぇかよ。>
障害という言葉自体を変えれば良いのに。
NHKでもニュースになってた。
これ「ほほう」って感じでリツイートだけでスルーしそうになってたけど「障害者の表記変更を見送った」
じゃなくて「常用漢字追加を見送った」なのね。「議論させないぞ」という意志なわけか。
年末のランキングと書道のパフォーマンスまで?!
漢字一文字は、この国の人とってこんなに重たいんだと、カルチャーショックを受けたことがあります。

書きにくくなるが、社会教育の一環になれるのでは?
恥ずかしながら「常用漢字」が文化審議会の国語分科会で決められていることを知った。どんなプロセスで出席者は決まっているのだろう?
「「いしへん」の「碍」の字も、かつてはいい意味ではない使われ方をしたとして、委員から追加に慎重な意見が多く」「「害」を使うことを受け入れ難いと感じる人がいることは重く受け止めるべきだとして」「新たな用語を検討する必要性が議論されました」・・・第三案が出る?
んなもん、ド鬱の精神障害やけど、社会生活する中での障害であって、障害がなくなりゃ障害者ちゃうし。障害なのは本人でなく社会が障害やねんし、別にエエやろ。
特別支援学校の本の読者から「碍」にしろ,という要望がきたことがある。
『人に対して「害」を使うことを受け入れ難いと感じる人がいることは重く受け止めるべきだとして、漢字の表記の問題だけではなく、新たな用語を検討する必要性が議論されました。』(引用)
言葉は難しい。
「障害」か「障がい」か、「子供」か「子ども」か等。その昔、議会でも議論になりました。(私は元事務局書記)
「障害」の「害」を「いしへん」の「碍」と表記できるように「常用漢字」に追加すべきか検討してきた文化庁の小委員会は、使用頻度が高まっている状況ではないなどとして、追加を見送る見解をまとめました。
『碍』については、僕が学生の頃から何かしら議論があったように記憶している。色々言われるようになったのは21世紀ぐらいからだったと感じているが。
当事者目線で考えても、個人的には気にならないけどね。字を変えても読みは変わらない。英語ではhandicappedって表記されるらしいけど、これも語源はあまり良いイメージではないらしい。
この問題については何度も言及しているのでここでは繰り返さないが、見送りは冷静な判断だと思う。

>>
常用漢字追加見送りへ:てかショウガイをやめれば?
(NHK) 「障害」の「害」を「いしへん」の「碍」と表記できるように「常用漢字」に追加すべきか検討してきた
>「いしへん」の「碍」の字も、かつてはいい意味ではない使われ方をしたとして、委員から追加に慎重な意見が多く出されていました。

碍子とかかな、害よりいいんじゃね?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR