TOP > 社会 > “絵本のノーベル賞” 安野光雅さん死去 海外でも高い評価 | おくやみ | NHKニュース

“絵本のノーベル賞” 安野光雅さん死去 海外でも高い評価 | おくやみ | NHKニュース

80コメント 2021-01-16 18:32  NHKオンライン

【NHK】絵本や挿絵の画家として知られ「国際アンデルセン賞」を受賞するなど海外でも高い評価を受けている安野光雅さんが先月、肝硬変の…

ツイッターのコメント(80)

安野光雅さん、お亡くなりになっていたのですね。司馬さんの第一回『菜の花忌』会場でお見かけしたのが、昨日のことのようです。ご冥福をお祈りします。
あぁ…
ふしぎなたね
はじめてであうすうがくのほん


息子も大好きな本…
沢山のおもしろい絵本をありがとうございました…
“絵本のノーベル賞” 安野光雅さん死去 海外でも高い評価 | NHKニュース
「旅の絵本」「ふしぎなえ」などなど、幾度も読み返しました。私はあまり”絵本”を読まないコドモだったのですが、この方の著作で楽しさを知りました。
大好きな絵本作家さんです。
今知った…(何してんだよ私)
大好きな、とても大好きで憧れの絵本作家さん、作品は永遠に残ります
ご冥福をを心よりお祈りします
谷川先生の「作品の中に合理主義的なところと叙情的なところが同居していて、見れば一目で安野さんが描いたと分かる」というコメントの的確さ。。
新刊が出るたび、楽しみで楽しみで、、来月のも楽しみにしていて、今年も何冊か読めるかなーと思ってたから残念で仕方ない😭
安野光雅さんの絵本には
思い出があります。
「いないいないばあ」今は
行方不明になってしまいましたが
園児は飽きずに
いないいないばあ
と乗ってくれました。
遅くなりましたが合掌🙏
絵だけではない。オレ的にはNHKFMの日曜喫茶室の常連としてもお馴染みだった。合掌。
安野光雅さん亡くなったんだ、知らなかった。。。
 と さかさま の2冊が小さいときから大好きで大人になってからもよく眺めてました。
「はじめてであう数学のえほん」の方か。子どもにあの本買おうかしら。◇
ちくま文学の森とか、文学に必ずいらしたな。
ご冥福をお祈りします。
私も子どもの頃から、そして娘も大好きな絵本がある。寂しい。
ショックが大きい。合掌。
ショック!
抒情的な絵でした。
ご冥福をお祈りします。
ショック、、、
旅の絵本、ふしぎなえ、ABCの本、、、
なにげにショック😢
「おおきなもののすきなおうさま」
幼い頃、よく読んだり眺めたりしていた。
手もとにはないから、買いなおそうと思う。
旅の絵本、日経新聞「私の履歴書」...絵も文章も、よみかえす度に発見がありました。
ここ何ヶ月か、なんでかずっと安野さんの本がずっと頭の隅にあったんだが、
安野光雅さん、昨年12月24日に亡くなられていたとは…。ご冥福をお祈り致します。
図書館で安野さんの絵本を手に取ります。数の絵本ややわらかい風景を描かれていて大好き。
ご冥福をお祈りします。
初めて父に買ってもらった絵本が「旅の絵本」
繊細な絵の中にふと動物を見つけたりするのも好きだった
現在の自分を構築しているものたちのひとつであることは間違いない
ご冥福をお祈りいたします
私の大好きな日本人絵本作家さん
素敵な絵本をありがとうございました❗
よく見ていました。
御冥福をお祈りします。
大好き作家の安野光雅さんが亡くなったニュースを今知り、ショック…

「旅の絵本」
「天動説の絵本」
「ふじきなえ」

私にとって、昔も今も大切な本です。ありがとうございました。
海外でも高い評価NHKニュース

これは残念過ぎます。小さい頃から絵本をよく読んで、娘にも旅の絵本を見せました。

本当に残念です。残念。
この方の書かれた作品には好きな本が沢山あった。感謝です。
幼稚園で配布された福音館書店の「ふしぎなえ」は人生に少なくない影響を与えてくれた。今でも飽きずにいつまでも見たくなる作品。
なんとなく憶えているのは
ビッグデーだったか
テレビ番組のオープニングに使用されていた絵

本を紹介する番組の下っ端で携わったとき ご出演下さってたな
うるうる (´;ω;`)

最近だか、財産に関する話し合い等が家族間だか美術館内(?)だかで、あったようだから、体調が芳しくなかったのかな… 😢
安野さんの絵本で育ちました。安らかにお眠りください
とうとうお亡くなりになられたか。
天動説の絵本をはじめ私の子供時代に大きな影響をくれました。本当にありがとうございます。
わ〜、調べたらステキな絵がいっぱい。
記憶にあるような、ないような、でも、懐かしい感じの絵。
そうかぁ。。
「ふしぎなえ」は物心ついた時には実家にあって、よく眺めてたな。
最初に、安野 光雅(あんのみつまさ)先生のご冥福をお祈り申し上げます。
絵本のノーベル賞と言える、「国際アンデルセン賞」受賞
日本には、素敵な絵本作家がたくさん生まれています。
安野光雅先生の訃報を知る。
音楽との関係も深い先生だったので、何度かお会いする機会もあった。不思議な味わいの絵本は自分の世代だと、物心付く前から読んでいた。エッシャーとか前衛とか考えもせずに楽しんだ。



短いタイトルに『ノーベル賞』、『海外でも評価』と、私達日本人の人を評価する尺度を何に頼っているかが詰まっている気がする。残るは学歴か。
ご冥福をお祈りします
お歳を考えれば致し方ないとはいえ、残念です。
安野光雅さんが!!
旅の絵本好き。
私が幼少期の頃に読んだ
「さかさま」
考えさせられますね。
国語の教科書で「チックとタック」の挿絵を見たときからファンでした。最近では切手も出ていて当然買っています。こんな日が来なければいいと思っていたけど…
全て解って来た方々ばかりだ…。
ご冥福をお祈りいたします。
ご冥福をお祈りします……感謝そんで…めっちゃ悲しい……
素敵な絵を描かれる方だったなぁ~。ありがとうございました。
子供の時によく見てました。
黙祷

海外でも高い評価.
もっと見る (残り約30件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR