TOP > 政治・経済 > 電力の卸売価格高騰で「新電力」事業者を支援へ 経産省 | NHKニュース

電力の卸売価格高騰で「新電力」事業者を支援へ 経産省 | NHKニュース

24コメント 2021-01-16 06:42  NHKオンライン

【NHK】寒さの影響による厳しい電力需給で電力の卸売価格が高騰し、「新電力」と呼ばれる小売り事業者の電気料金が大幅に上昇するおそれ…

ツイッターのコメント(24)

弊社で提供している「親ケアでんき」について、「卸電力取引所の価格が上がり、新電力によっては1カ月あたりの電気料金が何倍にもなってるところがあるそうだけど、親ケアでんきは大丈夫?」といった心配のメッセージをいただきました。詳しい人もいるもんですね。
なんか釈然としないよな
市場価格が200円以上になった時の調達時の差額は誰が払うの?
ただ大手電力会社が高く売れないで損するだけ?
本来であればその利益で電気料金が安くなったかもしれない大手電力利用者が払うの?
今のスポット価格が150円で上限が200円では、かなり高いな。
電力小売自由化/発送電分離は勉強しないといけないな。
日本で電気自動車普及させるのに電力不足どうすんのやろ
自然エネルギー不安定やし火力二酸化炭素出すし、原発ゴミの処理問題解決してないし.
電力料金にスットップ高値幅制限きた(^_^;)
電気料金変動のリスクがあると最初から知っているのに後出しで政府が上限決めてるの?
卸すときの値段上限で赤字だったら供給しないとか許されるんでしょ。
別の電力卸す所へどうぞってなるよ。
だって赤字で物売らないでしょ普通
新電力はイメージ悪化が根付いて、この先厳しそうですね。
変動型のプラン選んでる人は電気代20倍以上に跳ね上がってるからなぁ / -
WBSでも解説あったけど、先物市場も開設してリスクヘッジを図るしかないのよねー。ただ、日本の商品市場は長期低迷が続いているからここをどうするのか。
かなり大ごとになっているけど、私のまわりで触れてる人少ない。それだけ普及進んでないということなのか、様子見なのか、なんなのか。
これを機に電力の自由化の意味や電力市場の理解が深まればいいな。インフラって普段考える機会ないし。/
価格が安いが第1理由、原子力の使用を抑えて自然電力の使用割合が多いから選んだ”自然電力のでんき”に思わぬ落とし穴。これでメジャー電力会社に乗り換える必要はなくなるのかな、やっぱり急務なのか...
インバランスの結果、いよいよ供給が厳しくなったら新電力には卸さないという選択肢出るよね。そのときは、市場価格を下げるため原発再始動という選択をするんだろうか、それとも春になるのを待つのか
"寒さの影響による厳しい電力需給で電力の卸売価格が高騰し、"
こんな支援してる暇があったら原発稼働含めた国内の電力供給の安定化検討に注力して欲しいわ。新電力に移った人たちは自分達の意志で契約して移ったわけでしょうが。変動金利の方が安いからといってローン契約した人に金利高騰で支援したりはしないよね普通に考えて。
電力の卸売価格と連動した料金プランだと、支払いがだ大変になりそう。
「電気は環境に優しいと思ってる人は日本の電力事情を勉強した方がいい…」って、電気担当の同僚が言ってた。
上限設けたしわ寄せは大手と契約している顧客に被せるの?そこが気になる所。
市場連動という契約で、今まで安い料金でニコニコしてたのなら、料金が例え100倍になろうが笑顔で支払うべきだよ。
こう云うニュースを見たら、さっさと解約すべきだよね➡
私は卸売価格と連動した契約はしていないものの新電力で契約しているので、この新電力に関連する一連の報道が非常に気になる。
西村経済相
日本の電力会社は日本政府の一部ですね。小池東京都知事
きちんと対策してこなかった新電力を支援するよりも
きちんとやっていた新電力や旧一電を支援しなさいよ

っていうか、政策レベルでダメなんだから、そこから見直さないと
これは反対やわ。なんで新電力のデメリットを国民全員で負担せなあかんのや?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR