TOP > 社会 > コロナ感染拡大で病床ひっ迫 救急患者の搬送困難事例も急増 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

コロナ感染拡大で病床ひっ迫 救急患者の搬送困難事例も急増 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

14コメント 2021-01-14 06:43  NHKオンライン

【NHK】新型コロナウイルスの感染が急速に拡大して病床がひっ迫する中、急病の患者の受け入れ先がなかなか決まらないケースも急増してい…

ツイッターのコメント(14)

<搬送が困難な事例は…1月4日から10日までの1週間では合わせて2707件>

搬送先が決まるまでに病院への照会が4回以上あったケースなどを「搬送が困難な事例」として、報告。

手遅れになる人も増える。
「 救急患者の搬送困難事例も急増」
「総務省消防庁が全国52の消防機関を対象に搬送が困難だった事例をまとめたところ、1月10日までの1週間で2707件と、およそ1か月で2倍近くに増え、調査を始めた去年4月以降で最も多くなりました。」
コレって東京は医療崩壊してるのでは?

受け入れ先が決まらず自宅待機で療養中に亡くなられた方も出てるしな―
これって人災だよ
殺人だよ

100%超えてる訳じゃないんだから、ひっ迫は理由にならないよ

患者の受け入れ先を人が決めてるからこうなる
ソフトウェアシステムで自動的に受け入れ先が決まるようにすればいいだけ
物流管理の専門家の知恵を活用しろよ!
総務省消防庁が全国52の消防機関を対象に搬送が困難だった事例をまとめたところ、1月10日までの1週間で2707件と、およそ1か月で2倍近くに増え、調査を始めた去年4月以降で最も多くなりました。
やはりという結果に。
救急患者も病院に行けない状態に。
コロナに限らず命が危機に晒されています。
うっかり事故や病気にもなれない一年になりそう٩◔ ◔۶
こんな時期に、スカアベ政権は「GoTo」キャンペーンを続けていたのだ。ったく。`_´ “ 救急患者の搬送困難事例も急増”
もはや何とか健康心がけないとやばいのよな。
医療が不足している。広義の医療崩壊と言える。
「 」

元々救急搬送が遅れる事が多々ある東京都ですから、コロナ禍で増加するのは当然のことです

コロナ禍を機会に東京の医療、日本の医療が今のままで良いのか考える良い時期です
コロナ病床を増やすために一般病床を減らした12月の段階でもう始まってるよ
救急患者の搬送困難事例も急増‼️

総務省消防庁が全国52の消防機関を対象に搬送が困難だった事例をまとめたところ、1月10日までの1週間で2707件と、およそ1か月で2倍近くに増え、調査を始めた去年4月以降で最も多くなりました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR