TOP > 社会 > 子宮頸がんの母親出産時 がん細胞が子どもに移行 ケース報告 | 医療 | NHKニュース

子宮頸がんの母親出産時 がん細胞が子どもに移行 ケース報告 | 医療 | NHKニュース

71コメント 2021-01-07 08:58  NHKオンライン

【NHK】子宮頸がんになった女性が出産した際に、がん細胞が移行し、その後、子どもが肺がんになったケースがあったと国立がん研究センタ…

ツイッターのコメント(71)

子宮頸がんがまたニュースなってる。
ワクチンの副作用がめっちゃ騒がれていた時、
マスメディアの情報操作に惑わされず
我々姉妹にワクチン全部コンプリートさせた
母には本当に感謝しています。
組織幹細胞が移行することもあるのかな?→
まずなんで若い子の癌が増えてるのかそこから考えた方がいいんじゃないか?食の安全と筋肉不足による低体温、人権教育と性教育にお金かけた方がいいでしょ。
?!?!
異形成あるんだが…不安
いろんな意味で驚きました>
癌は遺伝すると言う...証⁈
初めて聞いてびっくり…。
昨日は産婦人科や小児科の先生方のSNSは、この話題でもちきりでしたね😉

NHKのニュースでも取り上げられており、夜のニュースで見ました👍

最後に「HPVワクチンの接種が大切」と言葉でも❣️テロップでも❣️書かれていました。
新たな感染経路の発見
赤ちゃんにしてみれば防ぎようのない原因
それはそれとして
子宮頸がんワクチンについての恐怖と不安を煽りまくった影響で、接種率が高い国との差はかなり開いている
リスクを下げるにはワクチンの接種が有効だというエビデンスはどこにあるのか。
HPVワクチンは子宮頸がんを予防するワクチンではない。
さりげなくこんなニュースを差し挟んで来る辺りが悪質。
>子どもが肺がんになるのは極めてまれで、研究グループは、出産の際に、子宮にあったがん細胞が混じった羊水を吸い込んだことで、赤ちゃんに移行し、その後、肺がんになったと考えられるとしています。
国立がん研究センターなどのグループでは、肺がんと診断された1歳と6歳の男の子2人について、肺にあるがん細胞の遺伝子を解析
2人とも、母親が子宮頸がんと診断されていて、解析の結果、肺のがんは母親由来のもの
「研究グループはリスクを下げるために、子宮頸がんワクチンの接種が重要だとしています」 ( | NHKニュース)
ワクチンは賛否あるから自分は健康診断で検査だけしていたけど、結婚とかの契機があるなら思い切ってワクチン打ったほうが良いのかな。
えー、なんかすごい、こんなことってあるんだ。
それがわかって、治療できて、対処方法もわかって、医学の進歩も、ここまでやった研究者の人もすごい…
研究グループは、リスクを下げるためにはワクチンの接種が重要で、出産前に子宮頸がんだとわかった場合には帝王切開を行うことで子どもへの移行を防げるとしています。
帝王切開であれば、ガン細胞移行ない。と述べながら、HPVワクチン接種を勧めるとは、医療マフィアか?
これがあるってことは、母親由来の造血幹細胞移植?で、腫瘍を叩く効果はないってこと?
通常、他人のがんの混じった血液を輸血してもがんって移らないけど
母子の場合特殊な状態だからなのかな。
「子宮頸がんでは年間でおよそ2800人が亡くなっていて、ワクチンの接種で命を落とす人が減ればいいと考えている」
あいまいな文の例。
国立がん研究センターで、母親の子宮頸がんが、羊水を介して子供の肺がんに移行することが分かった。
子宮頸がんワクチンを接種しないことで、年間2800人が亡くなっている😢
自分だけでなく、子供にまで関わるがんであることがもっと広まってほしい。

記事の詳細はこちら↓
母体への癌後の追跡健康診断が適当ではなかったのでは?血液で移るなら、その前に母親への治療は出来なかったのか、ましてや2人目にまで移す事はなかったのでは。予防できるに越した事は無いがやたらワクチンと結びつけるのは如何なものか。
「リスクを下げるために、子宮頸がんワクチンの接種が重要」 /
ここでもまたワクチンの重要性が明らかになったな。
子宮頸癌ワクチンについては、朝日系列のメディアが副作用の恐ろしさを徹底的に取り上げることで反対キャンペーンを展開したと記憶している。
(NHK NEWS)
HPVも潜在的に多くの人間を殺しているね。
「子宮頸がんでは年間でおよそ2800人が亡くなっていて、」
メディアは散々叩いておいてこれかよ…
この期に及んでも、厚生労働省はHPVワクチンの積極的推奨しないのかねぇ……
私、昔付き合ってた彼氏の水曜と第二土曜の女だったんですね。
それを知ったのが付き合って1年経った後で。
実家暮らしとか言われると、ほんとにわかんないんです。
何が言いたいかというと、そういうウイルス媒介する人間もいるから、HPVワクチンは男も女も打とう。
極めて稀なケースみたいだが、出産時に母親から子供に子宮頸がんが移ることがあるみたい。
子宮頸がんの検診だけでなく、HPVワクチンが必要みたいですね。
正しい情報を読んで、ワクチンを接種を考えないといけないな…。
こんなこともあるんだね。

可能性としてはあって
おかしくないのだけれど.
親の判断が娘だけでなく孫の命に関わる
日本だけなんだよな、あの異常な副反応が出ているのは…それを種差だと言えるのかどうか…でも我が娘には接種させるだろう。撲滅できるものは撲滅させるべきだろう。
<肺がんと診断された1歳と6歳の男の子2人>ってかわいそうに。。ママは頸がんでなくなり、小さな坊やが肺がんなんて救いなさすぎるわ/
「2021年1月7日」「 ケース報告」「国立がん研究センターなどが発表」「リスクを下げるためにはワクチンの接種」また“子の為に母は尽くせ”か。男性側の(HPV含む)性感染症予防や、予防接種行政の問題は不問に。
こういう話も出てきたし早く義務化に戻してほしいよね
もちろんとても痛ましいニュースですが、病院側やHPVワクチン推進派が「リスクを減らすためにHPVワクチンを」とか言ってて、定量的なリスクとしてどうなんですかとか、このケースは両方とも診断済みで、そうであれば帝王切開でリスク回避できるって自分で言ってるじゃんとか。
「子宮頸がんになった女性が出産した際に、がん細胞が移行し、その後、子どもが肺がんになったケースがあったと、国立がん研究センターなどが発表しました。(中略)研究グループはリスクを下げるために、子宮頸がんワクチンの接種が重要だとしています」
《子宮頸がんになった女性が出産した際に、がん細胞が移行し、その後、子どもが肺がんになったケースがあったと、国立がん研究センターなどが発表》
「子宮頸がんになる可能性を下げると、こうした患者が出ることを防ぐことにつながる。子宮頸がんでは年間でおよそ2800人が亡くなっていて、ワクチンの接種で命を落とす人が減ればいいと考えている」
マスゴミは心を入れ替えて今こそちゃんと報道すべきですよ
コロナワクチンが話題になってるタイミング。偶然?

→『リスクを下げるためにはワクチンの接種が重要で、出産前に子宮頸がんだと分かった場合には帝王切開を行うことで子どもへの移行を防げるとしています。』
出産時にHPVの母子感染が起こることがあるのはきいたことがあったけど、なんというか羊水を介した転移みたいなメカニズムでも起こるのか…
"国立がん研究センター中央病院小児腫瘍科の小川千登世科長は「子宮頸がんになる可能性を下げると、こうした患者が出ることを防ぐことにつながる。子宮頸がんでは年間でおよそ2800人が亡くなっていて、ワクチンの接種で命を落とす人が減ればいいと考えている」と話しています"
厚労省って外国製薬会社との癒着がひどいな。
殊更、稀なケースと持ち出しても、明らかにワクチンのリスクのほうが高いだろ。
生まれながら「肺がん」可哀想すぎる
「子宮頸がんになった女性が出産した際に、がん細胞が移行し、その後、子どもが肺がんになったケースがあったと、国立がん研究センターなどが発表しました。こうした報告は世界で初めてだということで…」
悩ましい。ワクチン接種のメリットとリスクを考える。リスクに直面している方が比較的近くにいらっしゃるので。:
子宮頸がんを発症するのは感染から数年~数十年後といわれる。HPVワクチンで集団免疫の効果も期待できるという。ワクチンというのは科学的統計的データに基づいて語られることが多い。当然だが
なんと…5歳差の兄弟両方に肺がんが…羊水から細胞が移行とは驚き。帝王切開で一応防げるかも、とはあるがHPVワクチンの重要性だよなやはり。
男性にも打てるようになるそうだから、自分も打つ。肛門ガン予防になる。
これは、大事な話。ガンが注射で予防できるなら、それを選ばない理由はないよ。政府は堂々と国民を守れ。
おっと、これは初耳。びっくりしました。
”母親の胎盤を流れる血液を介して子どもにがんが移行したケースは知られていましたが、今回のようなケースの報告は世界で初めて”
なるほど。母親由来の個体間転移が妊娠期~出産の時期で発生したのか。出産時の啼泣での羊水吸入由来で本当にいいのか(帝王切開で完全に防げるか)は追加検証が必要だろうなぁ。

::
子宮頸がんになった女性が出産した際に、がん細胞が移行し、その後、子どもが肺がんになったケースがあったと国立がん研究センターなどが発表しました。
反ワクチンは社会の敵。
子宮頚癌ワクチンを打っておいたほうがいいよ。子供への影響を避けられる。
えー。
子宮頸がんにかかってた母体の羊水から生まれる子供が肺がんて…。
ヒトパピローマウイルス、馬鹿にできないねぇ…。
子宮頸がんでの出産が増えれば、こういう症例も増える可能性が高い。
ワクチンさえ打ってれば防げる事態なのに・・・・・・。
やはりワクチン接種は義務化した方が良いんじゃないかしら?
「 ケース報告」

みなさん、HPVワクチンは本当に受けよう……🙏
「リスクを下げるためにはワクチンの接種が重要」
お母さんの子宮頸がんが移行して子供が肺がんになった話、NHKのニュースで知ったけど、そっちはワクチン大事ってことも伝えられてたよ…

「研究グループはリスクを下げるために、子宮頸がんワクチンの接種が重要だとしています」
ワクチンで防げる子宮頸がんワクチン。出産時に罹患していることで、子供に移行するという衝撃的な事実を報告。
子宮頸がんになった女性が出産した際に、がん細胞が移行し、その後、子どもが肺がんになったケースがあったと国立がん研究センターなどが発表しました
帝王切開すれば大丈夫とはいえ、やはり子宮頚がんワクチン接種は大事。自分だけじゃなく、次の世代も守れるわけで。

地元に9価接種できる病院がないのが残念。
「子宮頸がんになる可能性を下げると、こうした患者が出ることを防ぐことにつながる。子宮頸がんでは年間でおよそ2800人が亡くなっていて、ワクチンの接種で命を落とす人が減ればいいと考えている」
|
「子宮にあったがん細胞が混じった羊水を吸い込んだことで、赤ちゃんに移行し、その後、肺がんになったと考えられる」

そんな事もあるのか…
これは本当なのだろうか。子宮頸部のがんが羊水に混じって子供の肺に?血液を介して移行するケースをなぜ否定できるのだろうか?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR