TOP > 社会 > 佐賀県 新型コロナ交付金使った県庁の「鐘」設置計画 見送りに | 新型コロナウイルス | NHKニュース

佐賀県 新型コロナ交付金使った県庁の「鐘」設置計画 見送りに | 新型コロナウイルス | NHKニュース

10コメント 2020-12-16 18:37  NHKオンライン

【NHK】佐賀県は、新型コロナウイルス対策の国の交付金で、県庁に「鐘」を設置する計画を立てていましたが、交付金の使いみちをめぐり疑…

ツイッターのコメント(10)

えーやめちゃうのか。残念。
昔だったら流行り病対策で大仏作ってたんだし、良いアイデアだと思うんですけどね。
人がバタバタ倒れだしたら、今回も国あげて大仏作れば良いと思います。
鐘つくるのはいいけど…

今じゃないと思うんだけど…

経済が停滞してる状況なら貴重な資源なんだから

医療費に当てるべきだと思う
日本の地方自治体(だけではないが)の程度を象徴してていいね。わかりやすいw
あれだけ、「やる」みたいに言ってたのにな。
これね
医療従事者に感謝の合唱と似た感じ?
交付金だからもっと悪いか
コロナ対策の地方交付金で県庁に700万円かけて鐘の記念碑をつくる。どうしたらこの発想が出てくるのか呆れる。似たような記念碑が観光地や地方の街の中心部にたくさんあってそれらが風情を台無しにしてることも付け加えておきたい
佐賀県は、新型コロナウイルス対策の国の交付金で、県庁に「鐘」を設置する計画を立てていましたが、交付金の使いみちをめぐり疑問の声が出て県議会で認められず、設置は見送られることになりました。
「熊本県の国立ハンセン病療養所に復元されたものと同じ「鐘」を、新型コロナウイルス対策の国の交付金を財源に、778万円かけて県庁に設置する計画でした。」│
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR