TOP > 社会 > 医療体制各地でひっ迫 危機感高まる “ギリギリの状態” | 新型コロナウイルス | NHKニュース

医療体制各地でひっ迫 危機感高まる “ギリギリの状態” | 新型コロナウイルス | NHKニュース

20コメント 2020-12-04 22:47  NHKオンライン

【NHK】新型コロナウイルスをめぐっては、感染者とともに重症者が増加を続けています。このため医療体制がひっ迫し、新型コロナの患者へ…

ツイッターのコメント(20)

つらい。
 
| 新型コロナウイルス | NHKニュース
12/4金 ギリギリの状態

大阪、神奈川、水戸、旭川が取り上げられています

旭川は特に、異常に陽性者が多く、基幹病院でクラスターが発生しているので、もはや重症者病床がほぼない状態‥
→全国で医療体制が逼迫
逼迫度は準備病床数では把握できない事は明らかです。
もともとこれまで、日本の医療自体が医療従事者の過重労働で成り立っていたわけです。
ここにCOVID-19が上乗せさているわけですから、労働力が足りるわけがありません。
旭川市内の医療状況補足。コロナ対応の影響で、

・市内で確保できているICUは、旭川医科大学病院など3つの基幹病院であわせて20床と従来の半分以下
・いずれの病院も既に逼迫、新たな重症患者の受入は困難
・クラスター214名発生の旭川厚生病院は原則、患者の受入休止
「 〝ギリギリの状態〟」と報じる。元来厚生労働省は医療費の圧縮を目的に病床を減らす政策を採用。コロナ禍でその政策が裏目に。日頃から医療に無関心な国民は痛い目に遭う。もっと医療に関心を持とう。
体力的にも辛いけど何より精神的に辛い…
この状況下で何の手段も講じないジジイ達に本当に腹が立つ💥
>病院で治療にあたっている医師は「お一人お一人にたくさんの時間と作業の手間が圧倒的にかかる。当院は3次救急を受け入れたり、周産期医療があったり、透析治療をやったりしていますが、これ以上増えると一般診療・救急も制限しないと人が回らないことになる」と話す
小池知事に22時過ぎの赤坂に来て欲しいです

40代~50代の男性がマスクしないで沢山歩いてます

夜のお店も開いてるみたいです

家庭内感染が多いのは、中高年男性が夜のお店で遊んでるからだと思います!
今のペースだとあと1週間か2週間で医療崩壊するらしい
#新型コロナ | NHK:2020.12/4-22:44分

▷大阪「病床運用率」82.9%
▷各地でひっ迫
▷「患者一人一人にたくさんの時間と手間必要」
▷「緊急性低い手術延期しICU確保」緊急要請
▷「緊急事態宣言時よりもひっ迫」
▷「医療崩壊避けられるか正念場」
新型コロナウイルスは、見せかけの経済を恰も砂上の城を壊すかのように、いとも簡単に崩した。そして、もがけば踠くほど溺れゆく無力なる経済を破壊し続けている。この現実から、目を逸らしてはならない。
大阪府知事、熊本の災害からの復興も無視しないでくださってありがとうございます。
30万都市の旭川市でICUが20床しか確保できていない。
周辺の自治体のことも考えると、かなり深刻ですよ。
・大阪「病床運用率」82.9%
・茨城 水戸市の病院「患者一人一人にたくさんの時間と手間必要」
・神奈川県は「緊急性低い手術延期しICU確保」緊急要請
・急速に感染広がる旭川 「緊急事態宣言時よりもひっ迫」
>大阪「病床運用率」82.9%
『専門家「医療崩壊避けられるか今月から来月にかけ正念場」』
新型コロナウイルスをめぐっては、感染者とともに重症者が増加を続けています。このため医療体制がひっ迫し、新型コロナの患者への対応や通常の医療に影響が出ています。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR