TOP > 社会 > 書籍の価格表示 出版社から現状維持求める声相次ぐ | NHKニュース

書籍の価格表示 出版社から現状維持求める声相次ぐ | NHKニュース

237コメント 2020-11-24 06:22  NHKオンライン

【NHK】現在、消費税の金額を記さない方法が定着している書籍の価格表示が、来年4月以降、税額を含む「総額表示」に変更を迫られる見通…

ツイッターのコメント(237)

〉一方、財務省は「総額表示は出版物に限らず法律で定められた義務であり、今後も丁寧に説明しながら出版社側に準備を進めてもらえるようにしたい」としています。

何をやっても許される罪無省
表紙変更のコストって軽視できないんです。出版社の体力勝負が強まる。強烈に強まっています。どんどんと廃業していく可能性。ひとごとではありません。
で以前投稿した内容で、日本書籍出版協会や日本出版者協議会が反対してるのですが、さらにスーパーマーケット等小売業界も反対の意向を示し今回の反対署名運動へと拡大しています
食品の様な回転率の高い商品と
何年も在庫を少量多品種で抱える書籍の様な商品とでは同じにならず、柔軟性が必要だと思う。
いち消費者として定価表示で何の問題もないです。やめたれ。
「表示の変更にともなう負担の増加は値上げや絶版につながりかねない」このこと、もっと広く話題になりますように。

【 出版社から現状維持求める声相次ぐ】NHKニュース
財務省は「総額表示は出版物に限らず法律で定められた義務であり、今後も丁寧に説明しながら出版社側に準備を進めてもらえるようにしたい」としています。

なに考えてるんか、財務省は。芯からクソだな。
総額表示が「消費者の利便性のため」であるなら、差し替えコストが書籍の価格に跳ね返ってくることはまったく「消費者の利便性のため」にならないと思うのだが。誰も得しないルールなのでは。「ルールだから」というなら、誰も得しないルールは改定すべきでは。
これって、負担に耐えられない小さな出版社は潰れてしまえっていう、形を変えた焚書になりかねないと思う。
出版社から現状維持の声相次ぐ
文化を作るとはこういうことだなんだよなぁ。わかんねえだろうな→「書籍は点数が多いうえ流通期間が長く」
財務省とか経団連とか本当に悪いことしかしないね
財務省は書籍文化まで殺す気か。国民の一番の敵は財務省と言っても過言ではないのではないか。
これは現状で据え置いてほしい、、、/
1ヶ月ぐらいもっと前?から出てた案件だなぁ…
購入者としては「気にしない」ですがこれの手間賃で間接的に「商品の質」が下がるなら話は別かと。

現在、消費税の金額を記さない方法が定着している書籍の価格表示が、来年4月以降、税額を含む「総額表示」に変更
「消費税率が変わる度、出版社への負担が繰り返され、値上げや絶版等、消費者の不利益に繋がる。」
同感です。
大変なのはわからなくもないが、元々、2004年に税込価格表示が義務化され、2013年に8年限定で税抜価格表示でもいいと予め決まっていたことなのだから、出版社側の対応できないという声は怠慢でしかない。
「書籍は点数が多いうえ流通期間が長く、表示をすべて変えることは現実的ではない」。書籍は外税表示のままでいいし,なんなら税率0でもいいでしょう。
→ 今日「大手の出版社などが加盟する日本書籍出版協会や中小の出版社が加盟する日本出版者協議会などが、財務省に要望書を提出しています。」
我儘な分野だなあ
10年以上流通が止まった本なんてそんな無いだろうし、本体に価格表示しなければよくね(何か理由があるのかもしれないが)
この書籍の価格表示の変更に関して問題なのは、それによって絶版書籍が大量に生まれる懸念がある事。
本当にこの政権は学術会議の件等、知的な案件に関して理解が足りない。
一人の本好きとして、切実に
マジで対象商品 (書籍) のプロダクトライフサイクルを理解してない感すごい。
どう考えても逆方向 (本体価格明記) の方が「消費者の意識を適切に持たせるには有効」なのにね。

ガソリンも、本体価格と課税分をきちんと分離表記させようぜ。
むしろ都合の悪い書籍が絶版になるのを期待してたりしてね。

公文書や議事録を残したがらない体質と底通した発想でないことを祈ります。
前にこの話題が盛り上がった際に山田太郎議員が業界団体のどこからも見直しを求める声は出ていないと言っていたのは何だったんだろう。
要望はきいてもらえないのか……
本当に勘弁していただきたい……
なんか、これ、書籍への「特別な」悪意を感じるね。「華氏451度」への一里塚だったりして……
スーパーで売られている食べ物飲み物の外装には、価格表示がない。電器店で売られている電化製品も、ホームセンターで売られている各種物品も同じ。

なんで本だけが「常に完全な価格表示」を求められるのか?

出版社から現状維持求める声相次ぐ(NHK)
こんなに現実的でない事が現実になってしまうかもしれない。恐怖。
差し替えで棄損する可能性があるからアーカイブの価値としてはそのほうがよさそう
>書籍は点数が多いうえ流通期間が長く、表示をすべて変えることは現実的ではないことなどが主な理由で、これまでに大手の出版社などが財務省に要望書を提出。一方財務省は「総額表示は出版物に限らず法律で定められた義務」とした
二か月前と変化がない
財務省が書籍の価格表示を、税額を含む「総額表示」へと変えようとしている。これには表紙の刷り直しが必要になり、採算が合わない本が多い。日本出版者協議会が「総額表示の義務化による混乱で本が絶版に追い込まれれば文化的な損失だ」としているが、その通りだ。
…1989年にプラス3%したシール貼った本をたくさん見た記憶があるけど偽記憶かな。あの頃はシール貼る高級バイトを雇う余裕がある日本だったのかな。
本当にこれなんとかならんもんかね
出版社を応援したい。→
そもそも総額表示が悪い。総額表示は、税金をいくら払ってるか分からなくする手段だから。

本の価格は表紙に印刷されているから、総額表示にすると、税率が変わる度に印刷をし直す事になる。

そもそも消費税そのものを廃止してはどうか?
書籍もそうだけれど、基本的に「本体+税表示」が小売業の負担を減らせるから税金あげるのにも便利だろ…
上げたら暴れるけど…(笑)
人はどのくらい人間性を削ぐと

「法律で定められた義務なので準備を進めてください」

という回答ができるようになるのだろう?
総額表示の法的義務って、違反すると罰則があるのかしら。
消費税を廃止して物品税に戻せばええだけやん。
国が経団連にそそのかされて消費税導入の失敗を認めんからこういう事になるんやで。
(´・ω・`)
財務省は悪だな。「総額表示の義務化による混乱で本が絶版に追い込まれることがあれば、これがいちばんの文化的な損失」 >
「総額表示の義務化による混乱で本が絶版に追い込まれることがあれば、これがいちばんの文化的な損失だ。」(日本出版者協議会の水野久会長)
財務省ムカつく💢
本体価格+税でいいじゃないか!てか消費税廃止しろー!!
報道を観た後に、一つ読み直して欲しい。
平成16年から表記を変えるようにと決まっても、印刷物は見逃されていて長い猶予期間があった。その間に徐々に移行してけば良かったのにと思わんでもない。
(ニュース本文から) "今の表示が消費者に広く受け入れられているとしたうえで、消費税率が変わるたびに出版社への負担が繰り返されることになり、ひいては値上げや絶版など、消費者の不利益につながると訴えています。"
もっと見る (残り約187件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR