男児へ性的暴行の罪で起訴のベビーシッターの男 一部無罪主張 | NHKニュース

【NHK】ベビーシッターを紹介するマッチングアプリを通じて、保育の依頼を受け、5歳から11歳の男の子7人に性的な暴行を繰り返した罪…

ツイッターのコメント(18)

この記事と同じ日、キッズラインのわいせつシッターの初公判があったので補足。
マッチングアプリの運営会社では、2人の男性シッターが子どもへのわいせつ事件で逮捕されたことを受けて、6月に男性シッターの紹介を取りやめた

→アプリ会社の気持ちはわかるが、男性差別も感じる
「2人の男性シッターが子どもへのわいせつ事件で逮捕されたことを受けて、ことし6月に男性シッターの紹介を取りやめ」っておかしくない?これは差別にならないの? >
|NHK

ベビーシッターは都道府県への届け出が義務づけられ、データベースに登録されますが、わいせつ事件などで行政処分を受けた場合は都道府県の担当者の間で情報を共有し、利用する保護者に公開することも検討
今神奈川県内の保育園にパンフレット設置のお願い電話をしているのだが、なかには園長先生から「おたくはちゃんとやっているのか?」等の厳しい意見を頂く事がある。
残念であるが、同じ保育業界からもそのように見られているのが現実です。
昼にTVでマッチングアプリでも性被害があるんだ、怖いと思ったらキッズラインのことだった。あれは単なるアプリじゃなくて都の支援があった(打ち切られた)内閣府補助対象のビジネスでしょう。
一部無罪主張…って
性的暴行してるんだから
無罪はあり得ない
本当にその通り。
ベビーシッターの仕組みそのものを見直すべき。

>保育学が専門の玉川大学の大豆生田啓友教授は、「男性のベビーシッターを排除しても問題は解決しない。男性の保育者全体に対する悪いイメージを持たれかねず、対応を再度検討する必要がある」と指摘。
こちらの記事では利用者や男性シッターの声、専門家の見方も

>保育学が専門の玉川大学の大豆生田啓友教授は、「男性のベビーシッターを排除しても問題は解決しない。男性の保育者全体に対する悪いイメージを持たれかねず、対応を再度検討する必要がある」と指摘します。
職務につけこんだこのような加害はまたまだたくさんあると思う。
しっかりと真実を明らかにし加害者としての責任を果たしまた制度としても加害を生まない対策を構築する必要がある。
マッチング・アプリは男性シッターの登録を取りやめたそうだけれど、「#子供の安全」は保護者だけでなく社会全体で考えなければならない。#朝英語の会京阪神

|
ニュースの内容と少しズレるけど、罪を償って再出発する…っていうのはいいんだけど、性的暴行やった人たちには一生保育に携わって欲しくない、こういった人たちの情報が共有されて欲しいと正直思ってしまう。
経沢さん率いる会社が絡む事象でしたね。会社として信頼を失墜させられた非常に痛い。
NHKは、の社名をあげて報道。キッズラインの男性ベビーシッター全員活動強制停止措置にも踏み込んでいる。
また、国の再発防止策もあわせて報道。

NHK NEWS WEB: 一部無罪主張.
ベビーシッターを紹介するマッチングアプリを通じて、保育の依頼を受け、5歳から11歳の男の子7人に性的な暴行を繰り返した罪などに問われている、男のベビーシッターの裁判が開かれ、被告は一部について無罪を…
男性差別。性犯罪を犯した者だけを排除すればいい。性犯罪者と普通の人の差?レイプされれば分かるよ!(※念の為言っておきますが皮肉です)
以上
 

 
PR