コロナとインフル同時流行時の検査 1日最大54万件確保の見込み | 新型コロナウイルス | NHKニュース

【NHK】新型コロナウイルスとインフルエンザが同時に流行した場合、厚生労働省は、ピーク時に1日46万件程度の検査需要に対し、54万…

ツイッターのコメント(14)

どちらにしても、現場が逆に大変な思いをしなくて済むようにはしてほしいかなと思います。はんこを押すのとはわけが違うんですし。
信頼に値しない菅政権下で、この報道が実際にこの通りに行なわれるとは、俄かには信じがたいよね。
だって、いつも嘘ばっかなんだから。
このニュースの最大の「問題点」は、『PCR』という言葉が全く使われていないこと。コロナ感染しているかどうかの検査は、どんな検査(抗原、抗体など)を意味するのかが全く不明だ😡
別に検査至上主義じゃないけど、最大いくつできます的な大本営発表が続いている印象だけど、理論値じゃなくて、今現実にどれだけ実現しているのかをしっかり値で示すのが先なんじゃないかな。いや、示しているのかもしれんけど、こういう報道は聞き飽きたなあ。
PCR検査は、増える事がないようなので、ピーク時の検査体制には、不安が残ります。
🌰

今、検査すればいいのにね😃
新型コロナウイルスとインフルエンザが同時に流行した場合、厚生労働省は、ピーク時に1日46万件程度の検査需要に対し、54万…
厚生労働省は、ピーク時に1日46万件程度の検査需要に対し、54万件程度の検査能力の確保。
❇️ 1日最大54万件確保の見込み❣️
検査能力が確保できていることは大事ですが、実際に機能するよう、都道府県・市区町村などの自治体との連携で仕組み作りの整備が重要となると思います。
今年は特にインフルの予防接種が大事よね
厚生労働省は、「数字上、検査能力は確保できているが、実際に機能するよう、都道府県などと連携して引き続き、整備に取り組みたい」としています。
厚生労働省は、「数字上、検査能力は確保できているが、実際に機能するよう、都道府県などと連携して引き続き、整備に取り組みたい」としています
理論上の能力と運用上の実績には差があると思うのよね。本邦は実際の運用に課題あり。
以上
 
PR
PR