TOP > 社会 > 「仕事が原因で死にたい」俳優らの約3割が「ある」と回答 | NHKニュース

「仕事が原因で死にたい」俳優らの約3割が「ある」と回答 | NHKニュース

133コメント 2020-10-31 05:23  NHKオンライン

【NHK】日本俳優連合が俳優や声優などを対象に行ったアンケート調査で、「仕事が原因で死にたいと思ったことがあるか」という質問に対し…

ツイッターのコメント(133)

自殺は被害者も被疑者も自分自身という殺人だと思います。
このアンケートによると、言い方を変えれば、俳優の3割は殺人犯になることを考えたことになると思います。
いろんな事情があるのかもしれないけど、殺人はよくないのではないですか。
私も個人の仕事が増えてきてるから何となく分かる。
腹割って相談できる機会は減っている気がする。
オレもね「仕事が原因で殴りたい」って思った事あります(´ω`)すみませんでした /
俳優の皆さん、同じような苦しみを感じていたかもしれない彼の尊い命を無駄にしないためにも、どうか頼れる第三者に声をあげて頂けないでしょうか。芸能会も世の中も変わっていくべきではないでしょうか。
#三浦春馬 さん
#過労
#労働基準監督署 
#かとく
他の職業ではどうなのか。
労働環境過酷だと思う。

潜在的にもっといるんだろうね。
多分営業職の人たちに同じアンケートしたらあるの回答もっと多いとおもうし他の職種でも一緒でしょ?
それは会社員とか主婦とか、他と比べて多いんです? >【NHK】
コロナのせい?

「 | NHKニュース」
労働時間やハラスメントなどが多かったということです。
そら会社員でもあるやろ。
芸能人の秘書の人とかマネージャーの人達芸能人にその人達の個人的な理由でストレスを与えてないですか。
「舞台で死にたい」とかそういう意味かと思った。

>
3割って、めっちゃ多いな……。

➡️
すくな!サラリーマンにやったら9割は死にたいと思ったことがあるはずだよ。
俳優とか芸能人は普通の仕事と違うからパワハラとかSNSとかの対応を一般人と一緒にしたら仕事のクオリティ下がりそう
別に俳優だから3割が死にたいとおもったってわけじゃないと思うけど。会社のストレステストで、そういう傾向あるって判定されると面談を受けないといけないのが面倒だからそういう回答を回避してる
「仕事が原因で死にたい」声優らの約3割が「ある」と回答

ヤバ過ぎるでしょ、、、
これ!!!!
逆に聞くけど俳優以外で仕事が原因で死にたいと思ったことが1度でもある人が3割未満なの?
📄 💬 俳優だけが突出しているとは思えない
サブカルの担い手として立場を確立してきたのに、いつの間にか社会の模範であれみたいなことを言われるようになってしまったから、その溝が埋まりにくいんだろうなあ。
きつい職場だ。。

『芸能人はSNSで常に評価され続け、食事や睡眠にも制限があるなど強いストレスにさらされやすい一方、誰にも相談できずに悩みを深め、自殺につながってしまうケースも見られる』
ハラスメントなどが原因にあげられている。ある意味我々に夢を与えてくれている業界であるだけに状況は深刻に思える
割とマジで労働組合みたいなんが必要なんちゃうの?って思う。
俳優・声優が特別多い訳でもなくどの職業でも死にたいと思ったことがある人これぐらいは絶対いるでしょ。記事の書き方がちょっと悪い気が…
別に俳優や声優じゃなくてもそう思うことは多々あるし、SNSやらない・見なければ余計な評価やストレスから解放されてハッピーになれないかな。

【 | NHKニュース】
「仕事でどんな不安があるかという質問には、複数回答で、労働時間やハラスメントなどが多かったということです。」
俳優に限らないとおもうけども。
え…少ない……よね?
どの程度から死にたいにカウントされるか分からないけど普通の社会人の6割以上はそういう経験あると思ってた。
俺は24~29歳くらいまでは割と強めに3日に一回は思ってたよ。
健やかでいて
「死ぬときは舞台の上で」的な話かと思った
やっぱり俳優や声優は仕事が変わってきたと思うよ。難しいところだけど新しい事をやっていく必要があるね
経歴が少ない時代のフリーランスゲーム開発も
同じくらいストレスマッハ
NHKデータ放送のニュースで見つけたんだけど、3割って結構な割合ですよね・・・。
遠くからみていたときは憧れでも、知れば知るほどみえてくる現実と心との葛藤ってあると思う
仕事がなければ問題ないね。この世から役者が消えるのもそう時間はかからない。
労働は邪悪だっていうニュースじゃん、「仕事」だっていうなら嫌なときは離れられるようにしないとな、ベーシックインカムでな /
いやいや、どんな仕事だってやりたくない、死にたいって思うことはあるでしょう。

介護士に調査してみろ(
男女比で知りたい。
役者は自分で仕事をつくれないから、相当辛いだろうなあ。コロナもあるし……。
衝撃的な数値です。
真剣に考えるべきことです。
多い理由が労働時間やハラスメント。
芸能人は確かに終始監視の目に晒されている状態ですので、プレッシャーも相当だろうなと思います。しなくていい苦労ですし。
死にたいとは思わなくなったし、生かされていると思うようになった。正直言うと、格差はけっこうあると思うし、逆に強くないとやってけない。自分はこの職業を進めない、趣味なら素晴らしいと言う。
エンターテインメントは、人々を楽しませる職業のはず。その担い手が仕事ゆえに死にたいと思っているとしたら、その産業から生み出される作品を見ている私たちの喜びとは、実は虚像なのではないか。
個人事業主のメンタルヘルスについて、こうした記事が出ることも解決への第一歩だと思っています。

昨日、日本俳優連合のシンポジウムに精神科医として参加、コメントを上げさせていただきました。
俳優さん声優さんとか、言わば一種の芸術であるお芝居を作る仕事なわけで、芸術に携わる人って感性が自然と鋭くなるしとてもデリケートになる方が多いと思うんだ。ストレスを感じちゃったりためやすくなっちゃうのはそういう“鋭さ”のせいもあるのかなと思ったりする
プレッシャーに耐えられなくなることはあるだろうな。
もっと見る (残り約83件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR