TOP > 社会 > 居場所がないと感じる少女へ カフェのような支援拠点開設 横浜 | NHKニュース

居場所がないと感じる少女へ カフェのような支援拠点開設 横浜 | NHKニュース

33コメント 2020-10-25 18:57  NHKオンライン

【NHK】新型コロナウイルスの影響で生活環境が悪化する中、居場所がないと感じる少女たちが自由に立ち寄れるカフェのような場が横浜市で…

ツイッターのコメント(33)

水、金、日の13:00-21:00まで開いている。NPO法人ボンドプロジェクト。横浜市中区。
こんな情報を見つけたよ
日本の貧困問題は重篤です。18歳未満の子ども達はネットカフェに泊まれず、「泊め男」の元へ行かざるを得ないことも。シングルマザーは赤ちゃんの預け先が見つからず、働く場所を限定されています。

安心できる場所、助け合える社会は小さな思いやりから実現できるのです。
居場所のない10代・20代の若い女性を支援するNPO法人「BONDプロジェクト」 さんの新たな活動拠点が横浜に。

こうした取り組みに賛同し応援してくださる方が増えますように。
居場所は家だけではないよ。
自分らしく、ホッとできる自分の居場所、みんなが見つけられるといいですね😌
「居場所」は最近のトレンドワードだけれど、こういう試みってさ、背景にある組織がちゃんとしてないとマジでダメなのよね(ここは大丈夫そう)。女衒とかメンヘラ食いとか、悪い大人に狩場を与えるだけになっちゃうの。「草の根の」には警戒が必要だし、いい加減行政の出番だ
明日のマガジンですが「新型コロナウイルス感染拡大によって行き場を失った少女たちのセーフゾーンが拡充されていくなか、なぜ少年は対象外になってしまうのか?」についてのダーク・テキストです。
居場所がないと感じるおじさんは救われないのか。。。
横浜に少女の味方、ボンドプロジェクトの拠点ができていた!
現代版の尼寺か。もっと拠点が増えたら良いのだが。
訪れた女性たちからは「話を聞いてもらえて息抜きができる場所があるとほっとする」や「これからも利用したい」という声が聞かれました。

ネットカフェも金がなければ泊まれない。自殺も防げる
NHK『 横浜』

「抱えている悩みを団体スタッフに直接相談することもできます」とある。

少女だけ?
少年たちの悩みは?
大阪梅田HepFiveの自殺少年のような?
マスゴミってこういうのは「女の子」だけしかやらないのはなんでだろーーーーーーーーーーー(棒読み)
コロナ以前に社会のフレームが腐っているのが原因では?/
居場所がない40-50代のおっさんは誰が支援してくれんの?
居場所がなくて困ってるのは少女たちの専売特許じゃないぞ!少年たちはどこど野垂れ死んでも知ったことではないということか?
居場所がないと感じる少女たちが自由に立ち寄れるカフェのような場が横浜市
横浜でもこういう場所ができてよかった。虐待や貧困などで家に居づらいと感じてる女性は一度連絡取ってみては。
居場所のない10代・20代の若い女性を支援するNPO法人「BONDプロジェクト」25日、横浜市中区曙町に開設

カフェのような雰囲気で少女たちが自由に立ち寄って過ごすことができる
悩みを団体スタッフに直接相談も
なんかあぶないなー。NPO以外でもできるじゃん。
こんな場所がもっと全国に増えるといいね。
神奈川県横浜市、NPO団体が居場所がない少女向けにカフェのような支援拠点を開設。
もっと広まれ〜
少年にはないんやね。男女平等参画とは一体≫
/*

= ベーシックインカムは子供から

*/
もっとこんな場所が増えるといいなぁ。
理屈はわかるけど出入りする人が狙われるのでは
話を聴いてくれたり相談に乗ってくれたりする人が居るよ
新型コロナウイルスの影響で生活環境が悪化する中、居場所がないと感じる少女たちが自由に立ち寄れるカフェのような場が横浜市でオープンしました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR