TOP > 社会 > ディズニー 作品中の差別的な表現への注意呼びかけ強化 | NHKニュース

ディズニー 作品中の差別的な表現への注意呼びかけ強化 | NHKニュース

29コメント 2020-10-24 19:45  NHKオンライン

【NHK】アメリカの娯楽大手のウォルト・ディズニーは、過去の作品の一部に差別的な表現が含まれているとして、自社の動画配信サービスで…

ツイッターのコメント(29)

同じ犬なのに、ミッキーマウスの「友達」か「ペット」かという役割論でグーフィーとプルートの知性に差をつけてるのはいつか大問題になるぞ
ムーランで新疆ウイグル自治区の政府機関と協力してた件のほうが重要だと思いますが、あちらの説明ってされましたっけ?
「ウォルト・ディズニーは、動画配信サービスの「ディズニー+」で配信している過去の作品の一部に差別的な表現が含まれているとして、視聴者に対する注意書きを今月から強化」
良い。
こういうとこディズニーはちゃんとアップデートし続けてるよね。

しかし、「アメリカの娯楽大手のウォルト・ディズニー」って表記がなんともNHKっぽくて(笑)。
世の中がどんどん面倒臭くなっていくなぁ…
ピーターパン今後は見られなくなるの?
それは違うと思う…
でも最悪その部分をディズニー社で編集すればいいのでは?
編集出来ない理由があるのかな?
おしゃれキャットも好きなんだけど😭
アメリカと中国でクローズアップ現代の答え。確かにチックトックの「いちさん」と言う方が答えだ…
七人の小人も差別的かな?
ディズニーがポリコレに傾倒するのは、米国のエンタテインメント業界のオウンゴールそのものである。
おやぁ?ウイグル人に民族浄化政策をしてる中国共産党当局に媚び売りまくって新疆で映画のロケをやったディズニーさんが何か言ってるぞ。
時代で常識は変わっていく
…過去は過去の常識で作られているという常識を周知した方が良いと思うんだが…
アメリカのウォルト・ディズニーは、過去の作品の一部に差別的な表現が含まれているとして、自社の動画配信サービスで視聴者に注意を呼びかける取り組みを今月から強化しています。
表現を削除するのではなく、表現についての注意を喚起することには賛成できる。
当時の価値観を今の価値観で「差別的」とか「まちがい」と否定することには違和感を覚える。
無意識の意識化。
意識化すると言葉の応酬が始まる。
それが悲しい。
アメリカの娯楽大手のウォルト・ディズニーは、過去の作品の一部に差別的な表現が含まれているとして、自社の動画配信サービスで視聴者に注意を呼びかける取り組みを今月から強化しています。
ミッキーマ●スが、そもそもヒノモトオニコみたいな誕生の仕方をした差別表現から産まれたキャラクターだと聞いたが…。
いい取り組みだと思う。「差別が見える、意識できる、可視化できる、認識できる状態」で視聴できるなら、良い悪いを区別して判断できる。
放映された当時はこうだったんだよ。今とはここが違うよね?って教えられない教育レベルでしかない事を教育界が恥じるべきなんじゃないのかと思う。ポリコレと文化大革命が同じになるのは教育と言論、表現の自由が負け戦しているように見えるんですよね (´・ω・`)
ならば南部の唄も反省の公開をしてくれ
南部の唄…
ウォルト・ディズニーは、動画配信サービスの「ディズニー+」で配信している過去の作品の一部に差別的な表現が含まれているとして、視聴者に対する注意書きを今月から強化しました
アホか😛
『アメリカではことし5月、黒人男性が警察官に首を押さえつけられて死亡した事件をきっかけに、エンターテインメント業界では偏見や差別的な表現を見直す動きが広がっています』
いやうん……だいじだけどさ……ムーランがさ……
この前ディズニーランドにいったとき、「ピーターパン」で「インディアンがどうのこうの」みたいなのがあって、アップデートしないといろいろ言われるんだろうなーとおもっていたところ
昔の作品は仕方ないよね。今やっちゃダメ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR