TOP > 社会 > 米司法省 グーグルを提訴 反トラスト法違反の疑い | IT・ネット | NHKニュース

米司法省 グーグルを提訴 反トラスト法違反の疑い | IT・ネット | NHKニュース

25コメント 2020-10-21 11:59  NHKオンライン

【NHK】アメリカ司法省は、IT大手のグーグルがインターネットの検索や広告の分野で独占的な地位を利用して競争を妨げているとして、日…

ツイッターのコメント(25)

私はYahoo検索を自ら選択して使う(コメントやリアルタイムが見れるから)しかし、仕事中やプログラミングコード検索は必ずgoogleを使う(情報量が圧倒的に多いから)なのでgoogle側の説明は私的には理に適っている
中抜きで電通が甘い汁を吸い続ける変な国もありますがそこは
グーグルの検索エンジンは便利。
| NHK
問題視するところの主旨には、多分に、"得体の知れない底なし"感と言う情緒観念が強いのでは!?
amazonにも言えるが、総体的に俯瞰し切れる絵姿が人の目には把握しようの無い高次元超多様性
AI主体第5次産業社会革命
google愛用者ではない。ホッとした。
今のところアルファベット(Google)の株価は下がってませんね。
初期ブラウザにGoogleが設定されてるのは使いやすいからであって強制されて嫌だと思う人なんてほとんどいないでしょ
僕は初期設定されてなくてもGoogle使うし
米司法省がGoogleを提訴した件。「反トラスト法に違反している」という提訴理由云々以前に、米司法省がGoogleの足を引っ張っているようにしか見えない。
日本でいう独占禁止法。

Googleだけではなく
GAFAが反トラスト法に違反しているんじゃないかという議論は
前々から繰り広げられていますが、
これは凄く難しい問題ですね。。

SEOに携わっている身としては
Googleの今後の行方が気になります。
今の世界、

物理的に別れた国々で構成された世界に、
ネットのSNSという架空の国みたいなものに人々が帰属している世界が
オーバーラップした奇妙な状態、

暫くは続くかな?

これから、どこへ向かうやら?

反トラスト法違反の疑い|NHKニュース
かえって米国のこの業界の競争力を削ぎ中国の思う壺なのでは?
アメリカ司法省 vs Google側が集めた「世界最強の弁護団」

レディィーーーーー......ファイっ!!
こと検索エンジンでグーグル以外がディフォルトになってるスマホなど、タダでもいらんし、考え難い。
「利用者はグーグルを使いたいから使っているのであり、強制されているわけでもほかの手段がないからでもない」」……視聴者はNHKを受信したいから受信しているわけじゃないんだよなー。>
すっごいうまいカツ丼作って、売り出して、ものすごく売れて、他の人がどう頑張っても作れなくて、人気急上昇になって、あまりにも売れすぎて、他の人が「うわぁーん!!」

・・・・って感じ?
なるほど -「中でも、スマートフォンなどで自社の検索サービスが初期設定となるよう、多額の金銭を支払ってアップルなどのメーカーと契約を結んでいることを問題視しています。」 -
1990年代にマイクロソフトを訴えて以来の大型訴訟で、法廷闘争の行方しだいでは巨大IT企業のビジネスモデルに大きな影響を与えそうです。
Google、以前は使いやすかったが…最近のはダメだね👎
… … …
アメリカ司法省は、IT大手のグーグルがインターネットの検索や広告の分野で独占的な地位を利用して競争を妨げているとして、日本の独占禁止法にあたる反トラスト法違反の疑いで提訴しました。1990年代にマイクロソフトを…
googleのサービス力が高すぎて勝てないだけでは?
結局Googleが一番使いやすかったから残ったんだろうな。
スマートフォンなどで自社の検索サービスが初期設定となるよう、多額の金銭を支払ってアップルなどのメーカーと契約を結んでいることを問題視しています。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR