TOP > 社会 > 重い目の病気の患者にiPS「視細胞」を移植手術 世界初 神戸 | 医療 | NHKニュース

重い目の病気の患者にiPS「視細胞」を移植手術 世界初 神戸 | 医療 | NHKニュース

17コメント 2020-10-15 23:11  NHKオンライン

【NHK】徐々に光を感じ取れなくなる「網膜色素変性症」という重い目の病気の患者に、iPS細胞から作った網膜の細胞を移植する世界で初…

ツイッターのコメント(17)

これは非常に有難い‼️☺️

実用化の段階まで進むことを願おう
(o^^o)💊
視細胞! 色の見え方はどうなるんだろう。 ▶
メッチャ期待する。頑張れ。
『 | 医療 | NHKニュース 』
iPS細胞の手術例はたまに聞く気がする。
iPS細胞から視細胞を作ったんだ。どういう刺激・環境を与えたんだろう。
網膜色素変性症の方に朗報>
徐々に光を感じ取れなくなる「網膜色素変性症」重い目の病気の患者に、iPS細胞から作った網膜細胞を移植する世界で初めての手術を、神戸市の研究グループが今月行ったことがわかりました

16日記者会見、詳細発表
重い目の病気「網膜色素変性症」の患者にiPS細胞から作った「視細胞」と呼ばれる網膜の細胞を移植して安全性などを確認する臨床研究で、実施されるのは世界で初めてだということです。
これは当事者にとって、まさに光明ですね。iPS細胞が初めてニュースになった頃から、可能性は感じていました。中途失明で大変な思いをしている人のため、早く実用化されると良いな😀
網膜色素変性症→
徐々に光を感じ取れなくなる「網膜色素変性症」という重い目の病気の患者に、iPS細胞から作った網膜の細胞を移植する世界で初…
早く全盲の人にも光を…
視細胞を移植。安全性などを確認していく。
ついに 実臨床にでましたね🙌✨

今日すごく面白い研究の話を伺ったばかりなので、なんてグッドタイミング☺
何年か前に眼科の先生と話したことあるけど、実現しそうな・・・。
徐々に光を感じ取れなくなる「網膜色素変性症」という重い目の病気の患者に、iPS細胞から作った網膜の細胞を移植する世界で初…
ついにこの日が! でも他人のiPS細胞で大丈夫かな?
/
〔最新ニュースダヨー!〕 徐々に光を感じ取れなくなる「網膜色素変性症」という重い目の病気の患者に、iPS細胞から作った網膜の ‥‥‥
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR