TOP > 政治・経済 > 新型コロナ “増加要因と減少要因がきっ抗” 政府の分科会 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

新型コロナ “増加要因と減少要因がきっ抗” 政府の分科会 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

18コメント 2020-10-15 21:46  NHKオンライン

【NHK】新型コロナウイルスの感染の状況について、現在は増加する要因と減少する要因がきっ抗しており、いつ拡大してもおかしくないとし…

ツイッターのコメント(18)

10月15日付。俺、このニュースには気づかなかった。
尾身氏の主張を内閣官房が真っ向から否定→

「東京 新宿では人出があまり減らず、重点的なPCR検査の結果、感染を減らすことができたと見られることが、内閣官房で分析した結果、明らかになりました。」
"営業時間の短縮によって、名古屋や福岡の歓楽街では、新型コロナウイルスの感染拡大が抑えられたと見られる一方、東京 新宿では人出があまり減らず、重点的なPCR検査の結果、感染を減らすことができたと見られる"

「増加要因」には「Gotoキャンペーン」などのいろいろな政府の政策があることを忘れちゃいけないね
コロナを減少させようとしないなんて怒りしかわかない
政府の分科会|NHKニュース
増加要因
普通の生活に戻りたい気持ちが醸成され活動活発化
クラスター発生の場多様化

減少要因
感染リスクの高い場所や行動を控えている

きっ抗いつ崩れてもおかしくなく
クラスターに感染拡大リスク
増加要因は政策が後押ししてるからなぁ。
欧州でまた感染爆発傾向なの、今は持ち込みが少ないから入ってくるのは少ないだろうけど、これから空気が乾燥してくるとどうなるか…。
歓楽街、飲食街での行動自粛が感染抑止に効果が上がることは検証済み。首都圏、関西圏の勤務者、訪問者は心して外食や酒の席での歓談自粛行動を徹底すべし。
少しずつ少しずつコロナの動きを見切り始めてる気がしてきた。ちょっとは希望が持てるね。

| 新型コロナウイルス | NHKニュース
提言では、現在の感染状況について、感染の増加要因と減少要因がきっ抗していて大幅な増加が見られない一方で、急激な減少も見られない状況が続いているとしています。
政府の”増加要因”ばかり追認、”減少要因”は市民任せで有効な政策を打たないままこのコメント

”増加と減少の要因がきっ抗している状態はいつ崩れてもおかしくなく、実際に増加傾向を示す地域もありクラスターの連鎖が起きた場合には感染が拡大するリスクがあるとしています。”
「 」

新型を軽視する輩達を野放しにしていることも、高リスク。
…もう、何も語らないでもらいたいと思う。

新型コロナウイルスの感染の状況について、現在は増加する要因と減少する要因がきっ抗しており、いつ拡大してもおかしくないとし…
新型コロナウイルスの感染の状況について、現在は増加する要因と減少する要因がきっ抗しており、いつ拡大してもおかしくないとして、対策にあたる政府の分科会は、どのような具体的な行動がリスクが高いか詳細な分…
"バランスは、ほんの些細なことで崩れる"
"まさか"と思うシチュエーションでも感染しかねない。

手強いウイルスとの対峙は続く。
(u_u)
▽増加要因としてはなるべく普通の生活に戻りたいという気持ちが醸成され活動が活発化している事や、クラスター発生の場も多様化している事を挙げた一方、
▽減少要因としては感染リスクの高い場所や行動を控えている事
新型コロナウイルスの感染の状況について、現在は増加する要因と減少する要因がきっ抗しており、いつ拡大してもおかしくないとし…
拮抗?ホンマに?GOTOシリーズで増加の一途を辿るであろう。もう楽観的な事言うなよ、学者のくせに。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR