TOP > 社会 > 米FDA 新型コロナワクチンの“緊急使用”に必要な詳細基準公表 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

米FDA 新型コロナワクチンの“緊急使用”に必要な詳細基準公表 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

11コメント 2020-10-07 08:25  NHKオンライン

【NHK】開発中の新型コロナウイルスワクチンをめぐり、アメリカFDA=食品医薬品局は、6日、製薬会社が緊急使用の許可を得る上で必要…

ツイッターのコメント(11)

しかし、今回公表された基準は厳しいため、選挙の前にワクチンの緊急使用が認められる可能性は極めて低くなるとみられ、アメリカメディアは、政権が基準の承認を拒んできたと伝えています。
メディアは、緊急使用を急ぐ政権が「基準の承認を拒んだ」と報道。
アメリカFDA。どんどん良い方向に進んでいるよ‼️打ってから2ヶ月間3000人のデータを集めて抗体ができるか、健康観察などをおこなう。政府が国民の命を守るためのは当たり前。日本の厚労省。政府。暴走してますよ!抗体ができるか、安全性は不明と厚労省HPにありましたよ。
"臨床試験の最終段階でワクチンを接種した参加者を最低2か月間観察し、抗体などのデータを集めるほか、健康への影響を調べた3000人分以上のデータが必要だ"
「専門家からは一定の安全性が担保されることを歓迎する声が上がる一方、さらに厳しい基準を適用すべきだという意見もあり」
トランプが「厳し過ぎる。認められない。私は既に学んだ」と騒ぎ出すだろうな……。
開発中の新型コロナウイルスワクチンをめぐり、アメリカFDA=食品医薬品局は、6日、製薬会社が緊急使用の許可を得る上で必要…
: 開発中の新型コロナウイルスワクチンをめぐり、アメリカFDA=食品医薬品局は、6日、製薬会社が緊急使用の許可を得る上で必要な安全性のデータなどの詳細な基準を公表しました。
臨床試験の最終段階でワクチンを接種した参加者を最低2か月間観察し、抗体などのデータを集めるほか、健康への影響を調べた3000人分以上のデータが必要
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR