TOP > 社会 > 原発事故の記録伝える「伝承館」がオープン 福島 双葉町 | 各地の原発 | NHKニュース

原発事故の記録伝える「伝承館」がオープン 福島 双葉町 | 各地の原発 | NHKニュース

21コメント 2020-09-20 12:31  NHKオンライン

【NHK】東京電力福島第一原発事故の記録を伝える、初めての公立の施設が福島県双葉町に完成し、20日、オープンしました。

ツイッターのコメント(21)

何故か抵抗を感じる
原発銀座に住んでいる身の上としては、見に行かなければ。でも遠い
マスコミにお願いが有るのだが。

改めて全ての現国会議員に原発について賛否を問うて欲しい。

先ずは新しい総理を始めとする大臣・副大臣から聴いてもらえないかな?。

国の根幹とも言える今後のエネルギー政策ぐらい考えて無いと困るので。
事故調査の結果はベント前にメルトダウンしていた等の不当なものだ。(事実はベント後)
事故の真相が明らかにならない中でこの様な物を作って風評を流すのは、中国に有る南京大虐殺紀念館と同様だ。
1)>高村昇館長が「未曽有の大災害に福島の人たちが、どのように立ち向かって復興していったかを知ってほしい」<

原発事故の記録を伝える伝承館の高村昇館長は
2011年3月に飯舘村で
「毎時10μSvまで子供は外で遊べる、共生」
という説明をして
それがNHKの番組で流れました
NHK 2020年9月20日
『 双葉町』
この報道にはいわゆる「汚染水(トリチウム処理水)」の言及はないのだが、大手新聞社の科学記者ですら言ってもいない事を言及するから「脱原発派」が信用されなくなる事を反省して頂きたい。
忘れまい原発事故
福島第一原発が立地し、一部の避難指示は解除されても誰も住まない双葉町。そこに原発事故を語り継ごうと福島県の伝承館がオープンした。被災地の復興は途上で、放射線への心配から住民の帰還は進まない。当の原発は汚染水対策に四苦八苦。事故後の現実だ。
ここは廃炉作業を今も行なっている現場からさほど離れていない迫力があります。線量計の数値変動グラフを常に表示して見せてください。
東京電力福島第一原発事故
の記録を伝える、初めての
公立の施設が福島県
に完成し、20日、オープン
NHKの七時のニュースで見ました。
登場していた男性は小学生の時「原子力明るい未来のエネルギー」の標語を作った人!
「こんなことになるなんて…」というコメント、辛かった

東京電力福島第一原発事故の記録を伝える、初めての公立の施設が福島県双葉町に完成、20日オープン
かつて双葉町に掲げられていた「原子力明るい未来のエネルギー」との看板が、この国の国民を不幸にした過去を象徴しているようです。
すごい
貴重な展示物が多々ありそうで、そのうち行ってみたい
にしてもさすが公立。採算度外視なのか規模が大きい
東電も富岡に伝承する施設持ってたけど、全然その比じゃない
・原子力災害伝承館
福島に行く旅を計画してました。早くコロナが収まって、行きたい。
“大熊町のオフサイトセンターで使われたホワイトボードや、原発で重大事故が起きたことを国や県に知らせるファクシミリなどおよそ150点の資料や映像が、展示されています”
ちゃんと知っておこうね
このニュースにどこかしら違和感を覚える。自分でもよく咀嚼できないけど…
ここ大事何だけどなぁ。

また千葉県から訪れた高校生は「放射性物質を取り除く作業が今も行われていることは知らなかったが、つらい思いをしている人がたくさんいることが分かった」

| 各地の原発 | NHKニュース
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR