TOP > 政治・経済 > 新型コロナ 高齢者など検査の自治体に費用の最大半額を助成 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

新型コロナ 高齢者など検査の自治体に費用の最大半額を助成 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

27コメント 2020-09-20 05:21  NHKオンライン

【NHK】高齢者や基礎疾患がある人は、新型コロナウイルスの検査を受けやすくなるかもしれません。厚生労働省は、重症化のリスクが高い高…

ツイッターのコメント(27)

9月記事:

対象:65歳以上の高齢者、肺や腎臓などに基礎疾患がある人への検査。

厚生労働省の公費負担:濃厚接触者など感染が疑われる人とクラスターが確認された地域にある介護施設の入所者など
高齢者など検査の自治体に費用の最大半額を助成(2020.9.20)

厚労省は、重症化のリスクが高い高齢者などに検査を行う自治体に対し、費用の最大半額を助成する。

新たに助成の対象となるのは、65歳以上の高齢者や、肺や腎臓などに基礎疾患がある人への検査です。
少ない。→

「事業費には、新型コロナウイルス対策の予備費から51億円余りを充てるということです」
無症状者に検査を行う自治体に国が半額補助する仕組み…
自治体の判断が分かれそうですね。

(引用)高齢者や基礎疾患がある人は、新型コロナ検査を受けやすくなるかもしれません。
厚生労働省は、高齢者等に検査を行う自治体に費用の最大半額を助成することになりました。
厚労省は濃厚接触者やクラスターが確認された地域にある介護施設の入所者への検査はすでに公費で検査するとしており、今回新たに65歳以上の高齢者や肺や腎臓に基礎疾患がある人への検査も助成の対象として追加へ。

NHK 9月20日
高齢者など検査の自治体に費用の最大半額を助成:  

厚生労働省は、重症化のリスクが高い高齢者などに検査を行う自治体に対し、費用の最大半額を助成することになりました。
<新型コロナ>
国が、「65歳以上の高齢者や、肺や腎臓などに基礎疾患がある人」を対象に、市区町村が負担する検査費用の半額を補助する。

PCR検査 : 10,000円まで
抗原検査 : 3,750円まで
ピークは過ぎたから検査数増やしても現場はそこまでひっ迫しないだろうということでしょう。
「自治体により広く検査をしてもらうことで、感染した人が重症化するのを予防し、病床などのひっ迫も防ぎたい」
→違和感。...
良い試みだと思うが、子供若者主義者は騒ぐだろうな・・・ 重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある患者に集中して検査実施に助成するのは収束に向けた有力な手段だと思う。
抗体検査をお願いしたいです。
高齢者の人が抗体のある無しで生活が大きく変わりますから。
無症状の高齢者に検査しても全く意味なし
ドブに捨てるお金と 検査資源の無駄!
なんでするんやろね?
「自治体により広く検査をしてもらうことで」国では対応しない宣言、市区町村の責任が重くなって近隣格差が出ると思うよ。
うん、これいい❣️
予備費51億円 PCR検査1万円、抗原検査3750円が上限 | NHKニュース
新たに助成の対象となるのは、65歳以上の高齢者や、肺や腎臓などに基礎疾患がある人への検査
NHKニュース
あ、無料じゃないのね
半額助成だと、自治体の財政力によって差が出てはしまう可能性はないのか。
なんで予備費のうち51億だけ?
桁が足りないと思うけど。
これで検査拡充だとは情けない。
助成する金額は、市区町村が負担する検査費用の半額で、PCR検査は1万円、抗原検査は3750円が上限となります。
: 高齢者や基礎疾患がある人は、新型コロナウイルスの検査を受けやすくなるかもしれません。厚生労働省は、重症化のリスクが高い高齢者などに検査を行う自治体に対し、費用の最大半額を助成することになりました。
65歳以上の高齢者や、肺や腎臓などに基礎疾患がある人への検査市区町村が負担する検査費用の半額で、PCR検査は1万円、抗原検査は3750円が上限。事業費には、新型コロナウイルス対策の予備費から51億円
厚生労働省は「自治体により広く検査をしてもらうことで、感染した人が重症化するのを予防し、病床などのひっ迫も防ぎたい」

コロナ対策は高齢者主体にという事か。半年で対応がだいぶ変更された。
新たに助成の対象は、65歳以上の高齢者、肺や腎臓などに基礎疾患がある人

助成する金額、市区町村が負担する検査費用半額で、PCR検査1万円、抗原検査3750円が上限

新型コロナ対策の予備費から51億円余りを充てる
無料じゃないの?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR