TOP > 社会 > DV被害女性の情報を加害者の夫に送る 東京 世田谷区 | NHKニュース

DV被害女性の情報を加害者の夫に送る 東京 世田谷区 | NHKニュース

20コメント 2020-09-18 14:27  NHKオンライン

【NHK】東京 世田谷区が3年前にDV=ドメスティックバイオレンスの被害を受けて別の自治体に引っ越した女性の住所が類推される書類を…

ツイッターのコメント(20)

世田谷区が3年前にDV=ドメスティックバイオレンスの被害を受けて別の自治体に引っ越した女性の住所が類推される書類を…
区のちょっとしたミスで女性は毎日怯えながら暮らす事になる。

漏洩しない様心掛けるんじゃなくてシステムを作って欲しい
働き手が足りないのか判らないけど日本は段々
ずさんになってきた印象を受ける。
これ対策として情報共有の徹底とかあるけど、もっと根本的な仕組みを見直すべきでは。人が処理する限りミスはゼロにならんよ。
世田谷区は、通知を担当した部署が女性の状況を把握しておらず、確認も不十分だったとして女性に謝罪したということです。
DV夫から逃げた友達は行政の用意した施設を経由して転居先がわからないように遠方に逃がしてもらい再婚して今はSNSも使うなど幸せに暮らしている。
手違いひとつで天国か地獄か。
ひでえなあ。
記事には、
誤って
とあるけど、担当した職員がバカなだけじゃないの?仮にそうだとしても、労働組合が強くてクビにできない。
誰のための役所?
なぜこのように間の抜けたことが起きるのだろうか。 ーー
まぁ、役場も縦割りだからね…。
「情報共有のためのマニュアルを整備」って話ならシステム化されていないんですね。
定期的に起こるけど場合によっては命にかかわるのでちゃんとしたシステムをつくってほしい。
世田谷区が3年前にDV=ドメスティックバイオレンスの被害を受けて別の自治体に引っ越した女性の住所が類推される書類を誤って加害者の夫に送っていたことが分かりました。今月は、目黒区でも同様の事案が明らか…
おそらく、「何の情報」を「誰に公開」して良いのかというのを管理してないということでしょうなぁ。「何の情報」を「どう処理するか」のルールはあるから、送るべきでない相手に(ルールに則って適切に)送られてしまう。
この手のニュースがいくら出てきても、再発防止の努力しましょうって話にならないのはどうしてなんでしょうね?
世田谷区が3年前にDV=ドメスティックバイオレンスの被害を受けて別の自治体に引っ越した女性の住所が類推される書類を…
世田谷区は引越し代全額負担ちゃんとしたんだろうな?ミスした職員は懲戒免職でいいよ。

「女性のもとに夫から連絡が来たことから、女性が区に問い合わせて情報漏えいが発覚したということで、女性は住所が特定されるのを恐れて再び引っ越しをしたということです。 」
全国で何百回何千回同じ過ちをするんだろうねえ、ごめんで済むと思ってるんだろうねえ
いや本当こういうのやめろよ
虐待親にその子のメッセージ送ったりふざけるのもいい加減にしろ
俺も最近知ったんだけれども、国民健康保険の通知って世帯主に届くんだよね。被保険者本人宛にすればこういうミス減るんじゃないの?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR