TOP > 社会 > ハンマー投げの鉄球当たり生徒2人けが 高校の部活動中 岩手 | NHKニュース

ハンマー投げの鉄球当たり生徒2人けが 高校の部活動中 岩手 | NHKニュース

【NHK】16日、岩手県滝沢市の高校で、陸上部の部活動中にハンマー投げの鉄球が生徒2人に当たり、頭や首にけがをして病院に搬送されま…...

ツイッターのコメント(24)

16日、岩手県滝沢市の高校で部活動中にハンマー投げのハンマーが生徒2人に当たり、頭などにけがをして病院に搬送されました。…
被害にあった生徒の一刻も早い回復をお祈りします。
岩手県の高校でハンマー投げが生徒に当たる事故💣
夕方のニュースで鉄球6キロと言うし、落下速度も加えると・・かなりの衝撃だっただろう😣
部活中の事故は昔からある。自分の母校では部活中に生徒が亡くなる悲しい事故が起きたことがある。
今回被害にあった生徒たちがどうか回復に向かうことを願います。
前にも似たような事故があったと思うんだけど学校でやるのは危険すぎるわ
ただの殺人未遂で草。

16日、岩手県滝沢市の高校で部活動中にハンマー投げのハンマーが生徒2人に当たり、頭などにけがをして病院に搬送されました。…
これさあ殺人未遂だよね
充分なフェンスは合ったのか校庭でそもそも行うものではないような気がします
月に1度の職員会議があるなら、部活はオフにしてください。
ハンマー投げは大会でも予選は別会場で……なんて場合もあるし、本当にリスク高いのよねー😰💦
こわっ、こわすぎる!
見える見えないとか以前に、こんなの誰であろうと避けられんわな。
投てき競技の練習については事故が起こらないようできるだけ独立した場所が必要だと思う。走者も練習している場所では時間を分けたり、他部活に隣接しないなど。 >
「 岩手」

被害生徒は陸上部員ではなく、頭や首にけがをしたようです。
とても心配で、回復を祈ります。
ハンマー投げ事故は2017年に群馬県でもあり、その時はサッカー部員が死亡しました。
再発防止の対策が必要です。
>鉄球が当たったのは16歳と17歳の男子生徒で、陸上部員ではない<
鉄球が当たったのは16歳と17歳の男子生徒で、陸上部員ではないということです

16歳の男子生徒は頭をけがして岩手県高度救命救急センターに、17歳の男子生徒は首をけがして盛岡市の県立中央病院にそれぞれ搬送
>陸上部の部活動中に生徒が投げたとみられるハンマー投げの鉄球が生徒2人に当たったと消防に通報
数年前にも、同じような事故が他の学校であったはずだが、安全対策は進んでいないのか。。。
ハンマー投げの鉄球当たり生徒2人が頭や首にけが 岩手県滝沢市の高校で
盛岡農業高校の神山秀市校長は「生徒の容体は分からないが、今後、同じことが二度と起きないよう再発防止に努めていきます」とコメント。
投擲競技の事故、忘れた頃に起こるなあ……
何年か前に同様の死亡事故(事件?)があったような気が。結局「他所の学校のことだから関係ない」という教育機関全体(というか文科省か)の怠慢ですな。
16日、岩手県滝沢市の高校で、陸上部の部活動中にハンマー投げの鉄球が生徒2人に当たり、頭や首にけがをして病院に搬送されま…
痛そうだな。。(・ω・)ノ〜●💥😩16日、岩手県滝沢市の高校で、陸上部の部活動中にハンマー投げの鉄球が生徒2人に当たり、頭や首にけがをして病院に搬送されま…
: 16日、岩手県滝沢市の高校で、陸上部の部活動中にハンマー投げの鉄球が生徒2人に当たり、頭や首にけがをして病院に搬送されました。高校が詳しい状況を調べています。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR