TOP > 社会 > 8月 日本の南の海面水温 統計開始以降最高 今後の台風も発達か | 気象 | NHKニュース

8月 日本の南の海面水温 統計開始以降最高 今後の台風も発達か | 気象 | NHKニュース

33コメント 2020-09-01 17:29  NHKオンライン

【NHK】猛暑となった8月は、日本の南の海面水温も広い範囲で30度前後に達するなど、統計開始以降、最も高くなりました。現在もこの状…

ツイッターのコメント(33)

台風は海水温27度以上で発達しやすい

日本近辺は年々海水温が上昇していて、8月は茨城あたりまで30度
統計開始以降で最高水温に
台風が発達しやすい環境にある

巨大台風は毎年発生してしまうかもしれない
台風が来て当たり前の住環境にシフトしないといけないのかも
8月は、日本の南の海面水温も広い範囲で30度前後に達するなど、統計開始以降、最も高くなりました。
「1982年の統計開始以降最も高い」
「太平洋高気圧の張り出しが強かったため水温が上がり、台風が日本の西側を通過したため、海水がかき混ぜられずに水温が下がらなかった」
んー…
今年も台風と雨で被害が出るのか…
地球温暖化を認めようとしない人にも、
災厄は公平にやってくる。

台風10号発生、日本列島接近の見込み。
今後の台風の進路情報に注意。(u_u)

猛暑となった8月は、日本の南の海面水温も広い範囲で30度前後に達するなど、統計開始以降、最も高くなりました。現在もこの状…
養生テープ買っとかないと
去年の19号で 江戸川区は 散々脅されたから (実際 排水はギリだったと、、) もう コロナより台風!
8月の日本の平均海面水温は、東日本と西日本、沖縄・奄美の太平洋側の広い範囲で30度近い領域が広がり、平年よりかなり高くなった。
高い海水温が台風発達のエンジンとなる。今後の台風について気象庁が「強い危機感」という表現。あまりある事ではありません。日本の南の海上にある熱低は間もなく台風となる見通し。台風シーズン。心構えを。
台風10号発生。
かなり危険性が高い。
今月は台風ざんまいか
うわあ、なんかとてもまずいことになりそうな予感がするねえ。なんかヤヴァい気がするねえ。
次の台風に「強い危機感」と気象庁の担当者。記録的な海面水温の高さ。日本近海で台風が急激に発達することを示唆しています。小笠原付近の熱帯低気圧はこれから台風に。
猛暑となった8月は、日本の南の海面水温も広い範囲で30度前後に達するなど、統計開始以降、最も高くなりました。
現在もこの状態は続いていて、気象庁は小笠原近海にある熱帯低気圧も台風となって発達し

有識者の皆さま、統計開始以降最高だそうです
>海面水温が平年よりかなり高い状態は、9月下旬まで続く見込みで、気象庁は「熱帯低気圧が北上すれば、どの領域を通っても海面水温が高く、台風として発達する可能性があり、強い危機感を持っている。今後の情報に注意してほしい」と話している
気象庁は「熱帯低気圧が北上すれば、どの領域を通っても海面水温が高く、台風として発達する可能性があり、強い危機感を持っている。今後の情報に注意してほしい」と話しています。
強い危機感を自分も感じる。
なにか、海水をかきまぜるような壮大な装置…、それはそれで問題が出てくるのか。
何とかならないのかな。
気象庁は「熱帯低気圧が北上すれば、どの領域を通っても海面水温が高く、台風として発達する可能性があり、強い危機感を持っている。今後の情報に注意してほしい」と話しています。
猛暑となった8月は、日本の南の海面水温も広い範囲で30度前後に達するなど、統計開始以降、最も高くなったらしい。
厚過ぎの忘れたように台風作り過ぎ🌟沖縄/九州の本天皇狙いか?⛩
: 猛暑となった8月は、日本の南の海面水温も広い範囲で30度前後に達するなど、統計開始以降、最も高くなりました。現在もこの状態は続いていて、気象庁は小笠原近海にある熱帯低気圧も台風となって発達し、日…
これはヤバい。

溜まった熱エネルギーは必ず放出されるので、強い台風が次々発生するはず。
気象庁が危機感持ってもしょうがない。台風の影響のある地域の人が危機感持たないと。近年の台風の凶暴化は異常だと思う。
こういうのって
ビジネスにならないのかな。
台風をかき消せるシステムとか
豪雨の雨量を事前に減らせるとか、、
やばいいいいいいいいいい
人間はエアコンで熱中症予防できるけど
海は無理だね!
猛暑となった8月は、日本の南の海面水温も広い範囲で30度前後に達するなど、統計開始以降、最も高くなりました。現在もこの状…
海水温も「記録的」な高さなのか。
どうなっちゃうんだろうね。今後の地球。
気象庁「強い危機感」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR