TOP > 社会 > コロナ重症者数が増加傾向 大阪は東京の2倍以上 その理由とは | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース

コロナ重症者数が増加傾向 大阪は東京の2倍以上 その理由とは | 新型コロナ 国内感染者数 | NHKニュース

299コメント 2020-08-18 19:28  NHKオンライン

【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、このところ重症者の数が増加する傾向にあります。最も感染者が多いのは東京都ですが、一方…

ツイッターのコメント(299)

@5dSCzErxwaDHXUk @Raven_6_trpg 『頑張る』程に損害を出すって、その『頑張った』人の職業は疫病神かな🤔
統計を自在に操ることで信用されなくなることを知るべきだし、「見せ方によって」世論を操れると囁くbrainを信じる愚かな政治家を選ぶことのリスク。
「(東京都は)人工呼吸器と「ECMO」を使わず集中治療室に入っている人は重症患者にカウントしていない」「厚生労働省の担当者は「重症者の基準は示しているとおりなので、都道府県などは基準にのっとって報告してほしい」と話しています」  | NHK
集中治療室に入っているだけではコロナ重症患者にカウントされない…って、自治体によって基準が違うのはどうなのだろう?
東京で重傷者が少ないのって、独自基準で勝手に言ってるからですよね。ICU使ってても、それだけじゃ重症じゃない扱いなので。国の基準で考えたら重傷者何人なんでしょうね。
今日も数値が低かった。東京は全国に与える影響が大きいので、リンクのように厳しい基準でカウントすると、間違った判断に繋がりそうで恐いです。
おはようございます。晴天です。医療関係者が人命選別を余儀なくなる事態が怖いから、臨時休校やマスクなどで皆が受け入れる。感染者はHER-SYSのIDを入力して、これで集計して国民に知らせるのではないのか。役人が情報操作する余地を残している。
厚生労働省の担当者は「重症者の基準は示しているとおりなので、都道府県などは基準にのっとって報告してほしい」と話しています。
大阪と東京で重症とカウントする基準が違うのか。
厚労省の基準があって、それに沿ってくれとは言ってる様子。
<東京都は…人工呼吸器と「ECMO」を使わず集中治療室に入っている人は重症患者にカウントしていない>

コロナ以外の理由で集中治療室に入る人を、コロナ重症者に数えるかという話。

これは都のやり方でいいのでは。
集中治療室の空き率は別にカウントする方が良さそう。
感染対策や病床の関係で重症でなくても集中治療室に入っている人がいると現場から聞いている、らしい。
政府の厚労省は重症例カウント基準を設けてるけど… これじゃ不満なのかしら…?
まさか知らないわけないよね??
#ひるおび
これの記事をもって大阪は国や東京より基準が厳しいっていう意見が多いんだけど、そもそも大阪は検査になかなか回されなくて、検査した時には重症になってて、亡くなる方も多い(重症者減る?)
国基準にしたところで検査を他自治体並みにしたら……

ってこと知ってますかー
東京都「ECMO使わず集中治療室に」カウントせず
大阪は国の基準で、東京は独自のより重い人のみのカウントだから。行政がこういう信用ならん数字を出しちゃダメだと思うが、その意図と指示した人は誰か、を考えたいよね。誰にメリットがあるのか。
引用:新型コロナウイルスに感染した人について、厚生労働省は「重症者」の基準を定め、ことし4月に都道府県などに通知しています。具体的には、▽集中治療室などに入っているか、▽人工呼吸器や、▽「ECMO」と呼ばれる人工心肺装置が必要な状態か、いずれかに当てはまる
新型コロナウイルス重傷者数のカウントの違いがあることそのものが理解できない
国は安倍。東京は小池。大阪は吉村、松井。重症者も死者もこれから増えるしかない。
小池さん、勝手に基準を変えて「駄目でしょ‼️」
だから、大阪との重症者の違いは、カウント数の違いだったから。
どんな統計でも基準は、基本です。
いかなる理由があろうと「統計的にキチンとやりましょう‼️」
へえ
大阪が早期に人工呼吸器を使っているため集計上の重症者が多いというのは吉村が適当に口走ったデマだが、
国の基準より大阪は多く、東京は少なく数えている事実はあるのか…
挿管はしたけど呼吸器繋いでないってどんな状況だろ…。 吸引とか気管支鏡とか検体採取とか?
@takada_nobuhiko もう既出かな?
写真は見つけましたがリンクは見つけなかったので…
知りたい情報は一切無し。
できるだけ一次情報源を自分で探し、自分で判断していくしかない。
出かけたら他人、職場、まわりに迷惑かける?
いや、他人の価値観の中で生きたくはない。
自分の人生、大切な家族との人生を世間体で判断できますか?
自分で選択していこう。
人工呼吸器と気管挿管を分けてるのはなぜだろう?人工呼吸器に分類される人は、気管切開と挿管、NPPVだと思ってたけど…
ちなみに、酸素マスクとか鼻腔カニューレは人工呼吸器ではないので、お間違いないよう。。
おもしろい記事。
東京は重傷者がいるってことを隠してるよねこれ。
また小池がズルしてるのかw /
いずれにせよ、一般が想像する「重症」の基準よりかなりハードルが高いことに違いはないだろう/
ICU管理のハードルが低いとこだと、人工呼吸器もECMOも回さずに、ICUにいるかも?
挿管してる患者≒人工呼吸器装着、なのでは?
NIPPV装着者も重症だから、人工呼吸器≒陽圧換気、では?
各都道府県で症状程度の基準がまちまちだと戸惑いと混乱が起きてしまうよな。
そういうことだったんですね。大阪の基準が東京とも全国とも違ってる。
定義が違うって言ったって重症じゃん。
東京が卑怯で、大阪が深刻。
大阪府 新型コロナ「重症」と判断する基準 人工呼吸器の装着や気管挿管、それに人工心肺装置「ECMO」の装着やICU=集中治療室での治療の4つのうち、いずれかに該当する場合

| NHK
都は国の重症者通知基準を勝手に変え、集中治療室に入っていても、人工呼吸器、ECMOを装着していない人は重症者に入れていなかった。
これでは比較検討ができない。
何としても都は重症者の数を減らしたいのだな。
秀逸な記事 必読!
厚労省は明確に〝重症者〟とはどのような状態にある患者なのか、定義をしているが、首長がこの定義を無視している
力を合わせて正確に統計を取ろうという発想もなく自分勝手に解釈してたらまともな対策も打てずコロナも終息しないでしょうね。呆れた首長たちだ|新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、このところ重症者の数が増加する傾向にあります。
重症の定義が地域により統一されずまた第一波とも定義が異なる

これでは集計データは不確実
日々国民は翻弄される

厚労省は早期より基準を設け
従うように促している
NHKまで乗るとは愚かな。

いま新型コロナ陽性者を、人工呼吸ナシなのにICUに入れるような施設が どんだけあると思ってるんだか。
なぜ基準を統一化しないのか。
#コロナ重症者数 が増加傾向 |

東京都の基準が緩いのが一因。何のための統計なんだろう。データ改ざんに近い。

厚生労働省の担当者「重症者の基準は示しているとおりなので、都道府県などは基準にのっとって報告してほしい」
”「重症」かどうかについては厚生労働省が基準を定めていますが、東京都と大阪府はそれぞれ異なる基準で重症者の数を取りまとめている” ……自治体が感染症対策で独自性を発揮するのは良いけど、統計を各自の都合で弄ってたら公正なジャッジができなくなる。
基準を明確化
高齢、基礎疾患等の
ハイリスク群へ感染拡大
重症者が増えている
現実を直視
集中治療室が必要なら重症
徹底しよう
しかし
データをそろえても
大阪は重症者数が多い
背景を丁寧に分析し
一つ一つの要因に
具体的な対策を打とう
重症者の基準を四つ上げてるけど、気管の挿管だけして人工呼吸器をつけない状況ってありえるの?
全身麻酔で手術した経験した方なら分かると思うが、気管挿管なんかされたら喉の違和感が凄くて一瞬でも拷問やぞ。意識ある状態ではあんなもん耐えれんわ。イソジンめ。
@mbs_mint 大阪の重症者急増について、東京との違い、数値の根拠を伝えてください。厚生労働省は「重症者」の基準を定め、ことし4月に都道府県などに通知しています。
@Mitsuyo14681371 あなたは熱心な吉村支持者なんですね
意見を伝えるときは引用でなく自分の言葉で伝えましょう
厚労省の手引き読んだんですか
大阪の医師だけが手引きに則って他の医師は則らないのですか
気管挿管は人工呼吸器装着の一工程です
大阪府は両方の数を計上しているのではないですか
数え方を途中で変えたときに、変えたことを公表しない。
いつから変えたかは内緒。
こういうのを隠蔽体質という。
東京都が腐敗している証拠

>
東京都の重傷者数が少ないのは、都がいつのまにか「重傷者数」の定義を変更していたから。集中治療室(ICU)に入ってても重傷者じゃないんだって。マジか…。
う~ん、基準は統一すべきじゃないの。どちらかというと大阪基準が素人的にはしっくりするが。
簡単に言うと東京都は重傷者の基準をごまかしてカウントしていると。小池は再選したらやりたい放題だね。
スーパーシティー、ムーンショット、ワクチン、マイクロチップとかが理由?w
コロナ重症者
その理由が
重症者の定義が異なっていたことにあるだって⁉️

東京はもともと
人工呼吸器とECMOを使わず集中治療室に入っている人は重症患者にカウントしていないかった
もっと見る (残り約249件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR