TOP > 国際 > シンガポールでデング熱の感染 過去最多の2万2000人超に | NHKニュース

シンガポールでデング熱の感染 過去最多の2万2000人超に | NHKニュース

【NHK】シンガポールでは蚊が媒介するデング熱の感染が、ことしに入って2万2000人余りと、これまでで最も多くなっていて、当局が警…...

ツイッターのコメント(23)

>6月の降水量が過去10年で最多だったことも、例年より蚊が増える要因になったとしています

>専門家は、新型コロナウイルスとデング熱は、ともに発熱の症状があり、見分けるために2種類の検査が必要になることから、医療現場がひっ迫するおそれも指摘
シンガポールでは蚊が媒介するデング熱の感染が、22000人余りと、これまでで最多
感染増加の背景
新型コロナの感染拡大で自宅にとどまる人が増え、蚊に刺される機会が増(自宅は窓を開けがち)
労働者のいなくなった工事現場に水たまりが残っている
6月の降水量が過去10年で最多
SINは今年はデング熱との闘いに、、つらそうだ
あーもう…これでもかと攻めて来る。
泣きっ面に蜂。
デング熱
NHK沙汰に
【NHK】 6月の降水量が過去10年で最多だったことも、例年より蚊が増える要因。国家環境庁は、この先10月ごろまで感染拡大が続くとして
致死率0.1%弱
外で長袖は厳しいけどビル内は寒い
#シンガポール
#デング熱
こっちのほうが怖いような!
過去最多の2万2000人超に|NHKニュース
コロナとデング熱は、ともに発熱の症状
見分けるために2種類の検査が必要
医療現場がひっ迫するおそれ
10月ごろまで感染拡大が続くとしていて、殺虫剤や虫よけの使用、長袖、長ズボンの着用といった警戒を
いやぁ…これもさ、過剰なコロナ対策で免疫力低下してやられちゃってる人多いんじゃないかなぁ🤔
>新型コロナウイルスとデング熱は、ともに発熱の症状があり、見分けるために2種類の検査が必要になることから、医療現場がひっ迫するおそれも指摘している。この先10月頃まで感染拡大が続くとしていて、殺虫剤や虫よけの使用、長袖長ズボンの着用といった警戒を呼びかけている
国家環境庁は、この先10月ごろまで感染拡大が続くとしていて、殺虫剤や虫よけの使用、長袖、長ズボンの着用といった警戒を呼びかけています。
もう勘弁して〜😑
ちうごくの新型プニヤウイルスのことは報道しないけど、シンガポールのデング熱のことは報道できるんや……。>
「国家環境庁は、感染増加の背景として、新型コロナウイルスの感染拡大で自宅などにとどまる人が増え、蚊に刺される機会が増えたとみられること」
前門の虎、後門の狼…
新型コロナウイルスとデング熱は、ともに発熱の症状があり、見分けるために2種類の検査が必要になる
: シンガポールでは蚊が媒介するデング熱の感染が、ことしに入って2万2000人余りと、これまでで最も多くなっていて、当局が警戒を呼びかけています。
コロナの影響と長雨で
踏んだり蹴ったりね!
ワクチンないからなぁ〜
あちこちで何なんだよォ😰
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR