TOP > 政治・経済 > 被爆から75年 アメリカ人約7割「核兵器は必要ない」 | 核兵器禁止条約 | NHKニュース

被爆から75年 アメリカ人約7割「核兵器は必要ない」 | 核兵器禁止条約 | NHKニュース

【NHK】被爆から75年となることし、NHKが日米の若い世代を対象にアンケート調査を行った結果、アメリカ人のおよそ7割が「核兵器は…...

ツイッターのコメント(232)

@netsensor1 今年。さらに意識は変化している模様

また、75年前にアメリカが原爆を投下したことについてアメリカ人に聞いたところ、
「許されない」と答えた人は41.6%で、「必要な判断だった」と答えた31.3%を上回りました。
@NWtyger @Simon_Sin その考えも、若者の間で変わりつつありますね。
巨大な変化。「アメリカの若者たちの中に、オープンに原爆投下を正当化している態度が正しいのか、考え直そうという態度が出てきている。核兵器の問題は広島・長崎だけの問題ではない、全世界的な問題で自分にも関係がある身近なことだと捉えてくれている」
ありきたりなコメントになるけど、米軍が徹底抗戦主流派と戦うことになった可能性もないわけではないんだから、冷静に見ていきたい。
アメリカ人7割とあるけど、調査対象は「18歳から34歳の1000人」
「戦争を前提にした国家体制が国際的には存続しているが、これを新しいものに変えていくことが課題」
教育が思考の大半を形づくる。私たちの教科書に無かった(或いは表現に偏りがあった)けれど事実として起こっていた、ものは何なのか、どこの国の人たちも知ろうとする必要がある、という気持ちを忘れずにいたい
アメリカで、このような考え方に変わりつつあるのには驚いた。
一昔前は、「原爆投下は正当だった」という考えが多かっただけに。
理由としては「多くの人が死傷する」という意見が最も多く、「破壊的過ぎる」「ほかにも問題を解決する方法がある」といった、核兵器の威力の深刻さを懸念する考えが多く見られました。
これが今年。
松本さん、アメリカは変わってきているよ。
これから折り鶴を通じてこの理解をもっと深く広めて行きます‼️
ちょっと気になっているのは調査対象者属性のこと アメリカ人代表かな?
ようやく市民の間で神話が崩れつつあるようです。これが政界、軍界に拡がれば良いのですが、、、
一方で日本はどうなんだろうな。被害者意識を拗らせた挙句、先制攻撃だのと言い出す馬鹿がいるし
世界的な流れが変わりつつあることを感じます。
人間には悪意があるから廃絶は無理、だから核抑止力が必要。仮に核廃絶に成功したとしよう、人間には悪意があるから誰かが核開発しますよね?

被爆から75年となることし、NHKが日米の若い世代を対象にアンケート調査を行った結果、アメリカ人のおよそ7割が「は…
昨日のNHKの番組「原爆投下」では、当時司令部近辺だった日本人もアメリカ人も「原爆は終戦に必要だった」という意見で終わっててモヤモヤしたけど、この情報も入れて欲しかったと思う→
アメリカでは『原爆投下によって戦争を終えることができた』という神話が長く続き、今でも受け入れられているが、教育の効果などによって、この10年で若い世代を中心に、認識が変わってきているという。

『核兵器はなくなったほうがいい』
『もはや戦争自体がよくない』と。
【NHKニュース★2020/8/3】

「・・・目の前には暗闇があるが絶望はしていない。若い人たちを見て、希望が持てる時代がやってきたと感じている」
ロシア人は何割?中国人は?インド人は?フランス人は?
核を減らす経済学はないものだろうか。。
昨日、車を運転しながら、ラジオでこのニュースを聞き、泣きそうになったわたし。世界は変わる。変わらないのは自民党のジジイ政治家たち。
アメリカ人が核兵器はいらないと言い、日本人は核兵器開発を目論む。
アメリカでも若い世代の
認識は変わってきているらしいですが、、、
日本は、世界の潮流から何周遅れてるんだろう。
グレタさんとか、ベジタリアンとか、核兵器反対とか、根底では全て繋がってるんだよね。
今の人類の真の脅威は、仮想敵国じゃなくて地球破壊という認識。
アメリカ人が少しずつ歴史をアップデートしていってるように、私も日々学んでいきたい、今日という日だけでなく明日も学び、色んな人と話し合い、今より明るい世界を築きたい。
若い人が政治の中心になって、核兵器の無い社会にして欲しいよねっておばあちゃんと話した
👆うろ覚えでした。数字とか間違いですね。
このニュースみたいです。
21世紀の20年。911の茶番とアフガン・イラク戦からの厭戦の影響は。
75年前にアメリカが原爆を投下したことについてアメリカ人に聞いたところ、「許されない」と答えた人は41.6%で、「必要な判断だった」と答えた31.3%を上回りました。
途方もなく長い年月をかけて人類は何のために知能を進化させてきたのか…あらためて見直したい/ひかるパパ
理念はとても大切ですが、事実が一番ものを言うことはあります。初めて広島平和記念資料館に入った幼いわたしは夜しばらくうなされた…と親が言っていました。資料館に入る前と出た時では哲学的に顔が変わると聞きます。ただ資料を見ただけで、ですよ。
ついでにロシアと中国を囲むように設置されたアメリカ軍基地をどう思うかNHKは聞いて欲しい。
日本人の何人、何割が「死刑は必要ない」と言うだろうか…。
NHK広島放送局
日米ネットアンケート調査
~18~34歳対象
被爆から75年米国人の
約7割→核兵器は必要無い

75年前の米国の原爆投下は許され無い→41,6%
必要な判断→31,3%
この10年程で若い世代中心に認識の変化が見られる

米国人の8割以上→原爆についてもっと知りたい
徐々に「意識の変革」が成されていることは、素直に喜びたい。と同時に「逆の方向」に引きずり降ろそうとする動きがあることも忘れてはならない。
「アメリカでは『原爆投下によって戦争を終えることができた』という神話が長く続き今でも受け入れられているが、教育の効果などによって、この10年ほどで若い世代を中心に認識が大きく変わってきている」
では『原爆投下によって戦争を終えることができた』という神話が長く続き、今でも受け入れられているが、教育の効果などによって、この10年ほどで若い世代を中心に、認識が大きく変わってきている」―高原孝生教授は
記事引用:原爆投下によって戦争を終えることができたという神話がアメリカで長く続き、今でも受け入れられているが、この10年ほどで認識が大きく変わってきている。これはアメリカでの教育の効果で、(略)

🌱日本もこの流れを。#原爆 #広島 #長崎
4分の3世紀の時間の経過は、米人だけで無く日本人でも大きく変化しています。
若い世代が「自分で調べて考えよう」と意識するだけでもその国の未来は確かに変わる。
@shinnihoninfo 肥田先生は「アメリカ人が核兵器はいらないと思うようにならなければいけない」とおっしゃっていたが、そう言うニュースが流れてきて、驚いている。
また「偏った層でとったアンケートだ」と言われるのが目に見えて居るので、もっと広く同じアンケートを実施してほしい。

でも、割合は覆るかもしれないけど、意識が変わってきている兆しが見えているのには間違いない。その兆しを、国を超えて多くの人に伝えたい。
@naoreiwa 一昔前までは、原爆投下は正しかったとアメリカ人は言ってましたね。
今は、その認識が違ってきてるみたいですよ。

あくまでアメリカ人の考え方であり、自分は原爆投下が正しかったとは、少しも思えませんが。
さくら学院時代すーさんがしてたことがベイビィメローになったらしなくなったのも、アメリカで原爆投下の神話が続いたのも、日本でもアメリカでもそういう話をするだけでヘイトしてくる人たちがいるから、原爆に関わらず、日本も相手国を攻め続けたことに変わりはない
ここ30年ぐらいでだいぶ変わってきたね~
理想を言えば無い方が良いが……それはある意味、第2次世界大戦のような大国同士の直接的な殴り合いに戻る危険性も孕んでる。
もっと見る (残り約182件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR