TOP > 政治・経済 > 石炭火力発電 輸出支援は環境性能トップクラスに限定 政府 | NHKニュース

石炭火力発電 輸出支援は環境性能トップクラスに限定 政府 | NHKニュース

【NHK】政府は石炭火力発電の輸出に関する新たな方針を取りまとめ、対象を環境性能がトップクラスのものに限定するなど支援を行う際の条…...

ツイッターのコメント(12)

>新興国などの脱炭素化を後押し
>脱炭素化への移行の一環として相手国から要請

方向は正しいと思う。あとは他の脱炭素化しながらの経済発展支援とのパッケージングや、監査検証体制とかだろうな。
J-POWERは、高江のオスプレイパッド建設の件で政府に強引に協力させられました。その見返りが海外案件での政府支援だとか。
この件ですか?

政府は石炭火力発電の輸出に関する新たな方針を取りまとめ、対象を環境性能がトップクラスのものに限定するなど支援を行う際の条…
「理念だけでなく実効性を!」

~ その理念もウソ。あるのは実効性のみ。自分たちの既得権益ムラの懐を肥やす実効性のみ。
Jパワー(電源開発)には追い風やな😁
石炭=悪という安易な構造はあかんわ
: 政府は石炭火力発電の輸出に関する新たな方針を取りまとめ、対象を環境性能がトップクラスのものに限定するなど支援を行う際の条件を厳しくしたうえで、新興国などの脱炭素化を後押ししていくことになりました。
| NHK:2020.7/9-19:37
今回の見直しは今後新たに計画する事業だけが対象>東京大学の高村ゆかり教授は、「2050年に脱炭素社会の実現を目指すには、既存の、すでに計画が進行しているものをどうしていくのかも課題」
別のニュースソースで「原則禁止」って出ててビックリしたけど、実際は要件の厳格化。元々支援対象は高効率がメインだったからそこまで大きな転換でもないような。
> 今回の見直しは今後新たに計画する事業だけが対象になっているとして、「2050年に脱炭素社会の実現を目指すには、既存の、すでに計画が進行しているものをどうしていくのかも課題だと思う」
(NHK・ 7月9日)   *見出しは少々misleading?かもしれませんが、丁寧に解説されている記事です
文章の載せ方からしてアメリカから頼まれてる「政策権」だな…
政府は石炭火力発電の輸出に関する新たな方針を取りまとめ、対象を環境性能がトップクラスのものに限定するなど支援を行う際の条…

とても妥当な方向性だと思います。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR