TOP > 社会 > 旧優生保護法下の不妊手術めぐる裁判 きょう判決 東京地裁 | NHKニュース

旧優生保護法下の不妊手術めぐる裁判 きょう判決 東京地裁 | NHKニュース

【NHK】旧優生保護法のもとで不妊手術を強制されたとして70代の男性が国を訴えた裁判の判決が30日、東京地方裁判所で言い渡されます…...

ツイッターのコメント(15)

敗訴された男性は気の毒で、障がい者でもないのに、なぜ当時、手術されたのかは不明ですが、
一応、下記の部分も報道すべき
「非行を理由に福祉施設に入所していた14歳の時、施設の職員に何も知らされないまま病院に連れて行かれ」
>北三郎さんは昭和32年、非行を理由に宮城県の福祉施設に入所していた14歳の時、施設の職員に何も知らされないまま病院に連れて行かれ、不妊手術を受けさせられたといいます。

旧優生保護法のもとで不妊手術を強制されたとして70代の男性が国を訴えた裁判の判決が30日、…
確か係属部は14部だったっけか
このニュースはウイグルでの強制避妊の報道に対する「日本もやってたよね」報道でしょうか?
これ注目だね。米国ではフロイド事件からBLMまでの左翼ファシズムの一つの目的が、今の黒人に過去の奴隷制度の賠償をする案の法制化。実現すると全黒人に平均500万円が支払われる。1年前なら国家が過去の時代の責任を負うなど誰も考えなかったけど今は十分ありうる。
不妊手術受けたこと隠して結婚するとか最悪だな
子供できなかった奥さん可哀そうすぎる
動画は途中から割愛されていますが、記事の最後まで読むことをおすすめします。
"同様の裁判は全国で9件起こされ、このうち仙台地方裁判所が去年5月、憲法違反を認めた一方で賠償を求める訴えを退ける判決を言い渡しました。" "旧優生保護法は間違った法律だったと裁判でも認めてほしい。"
国策でやってきた以上は賠償を!
不要不急の公共事業に回すカネは、責任を果たすことに使え!

『20年が過ぎると賠償を求められなくなる「除斥期間」と呼ばれる期間を過ぎたかどうかが大きな争点』
国は、頑なな姿勢を崩さない。
今日、地裁はどんな判断をするのか、もう悲しい思いをしてほしくはない。
日本政府の人権意識が問われることになるだろう。外国の人権について発言するなら国内の人権を守ってほしい/
殺人は時効がなくなったのに国による強制的な不妊手術には時効があるってなんだかなーって。
以上
 

いま話題のニュース

PR