TOP > 国際 > 香港国家安全維持法案審議 中国の全人代が開催 可決の可能性も | NHKニュース

香港国家安全維持法案審議 中国の全人代が開催 可決の可能性も | NHKニュース

【NHK】香港での反政府的な動きを取り締まる香港国家安全維持法案を審議する中国の全人代=全国人民代表大会の常務委員会が28日から3…...

ツイッターのコメント(16)

否決するとでも思っているのかNHK

| ニュース
法案を審議する全人代の常務委員会は今月18日から20日まで開催されたばかりで、短期間に2度開かれるのは異例で、今回の会議で法案が可決される可能性があります。
「可決の可能性も」って頭がおかしいのではないか。法案は可決される。香港で繰り広げられた暴力と破壊行為が東京やG7の首都で出来すれば香港のような微罪扱いはない。罪刑法定主義に照らして香港を上回る重罪になる。法治の矛盾も中国全人代常務会で審議されている。
何が「香港国家安全維持法」だよくっだらねぇ
私は個人的には、思うことがあって中共の動きには賛成の立場です。
まったく、香港の民主化デモをおさえるためにわざとウィルスまいたんじゃねーの?って勘繰りたくなるよ
審議中・アメリカ、日本、韓国、台湾、欧州の企業利益優先投資と技術移転で強国になた結果が傲慢な国際協調無視のオンパレード・独裁国家が組織防衛に走ると誰も止められない典型じゃね・と妄想/
あらお昼に報道した意外。でも心配するのは香港の人権じゃなくて、米中対立。>
可決ならばもはや二制度では無くなり香港ではなくなる。法による支配ではないのか?!
香港「国家安全維持法」
中国の全人代・常務委員会が28日から3日間の日程で開かれ、法案が可決される可能性があります

各メディアが6/30と書くので、微調整するNHK
開催すれば決めてくるでしょうね。もう後戻りすることなく進めていくと思います。
法案では、中国の治安機関を香港に設置することなどを定めていて高度な自治を認めた「一国二制度」が形がい化するなどとして香港の市民や国際社会に懸念が広がっています。
今日から30日まで、か。荒れるわけだね。

>香港国家安全維持法案を審議する中国の全人代=全国人民代表大会の常務委員会が28日から3日間の日程で開かれ法案が可決される可能性があります
以上
 

いま話題の記事

PR