TOP > 科学・学問 > “世界最小で新種” 恐竜の卵の化石発見 兵庫 丹波 | NHKニュース

“世界最小で新種” 恐竜の卵の化石発見 兵庫 丹波 | NHKニュース

【NHK】兵庫県丹波市のおよそ1億1000万年前の地層から、世界最小で新種の恐竜の卵の化石が見つかったと、県立の博物館などの研究チ…...

ツイッターのコメント(14)

丹波は恐竜多いのか。
どっからどう見てもチョコボにしかみえない
: 兵庫県丹波市のおよそ1億1000万年前の地層から、世界最小で新種の恐竜の卵の化石が見つかったと、県立の博物館などの研究チームが発表しました。
卵の化石は「丹波竜」の発見者の村上茂さんの名前にちなみ、「ヒメウーリサス・ムラカミイ」と命名されました。
発見されたのは幅2センチ、長さ4.5センチ、推定の重さがおよそ10グラムの、世界最小で新種の恐竜の卵の化石です。
ふえ〜〜!
見に行きたい!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶メモメモ
🦕兵庫県立「人と自然の博物館」🔖
去年化石発掘体験しに子供と行った!シチパチ竜の化石は出なかったなぁ。
>小型の恐竜は化石として残りづらく、姿や生態など解明されていないことが多い。
つまり今回の発見は貴重と
トカゲではなくて、恐竜なのね。
これくらい落ち着けると理想ですね。
以上
 

いま話題のニュース

PR