TOP > 国際 > 中国 香港めぐるG7外相共同声明に“内政干渉”と反発 | NHKニュース

中国 香港めぐるG7外相共同声明に“内政干渉”と反発 | NHKニュース

【NHK】G7=主要7か国の外相が、中国が香港での反政府的な動きを取り締まる「国家安全法制」の導入を決めたことに「重大な懸念を表明…...

ツイッターのコメント(11)

あんまり、報道されませんね。
自分が見てないだけかしら?

前の、参加しなかったって虚偽?報道はそこそこ見たのになぁ~
「G7=先進民主主義諸国」などというが、基本、かつて植民地分割競争を行った帝国主義国であり、いまだにそれに対するまともな反省も行っていない諸国である。かつての植民地に未練たらたらで平気で内政干渉。本当に見苦しい。
一国のテロ対策に他国が「それは人権問題だ」と事実無根のいちゃもんをつけて抗議するのは中高生にでも判る内政干渉。ところが善意は有るが報道の行間の読み方を知らない左派などはあっさり引っ掛かって、自分から国際法違反を支持する様になる。ちょろ過ぎる。>
G7=主要7か国の外相が、中国が香港での反政府的な動きを取り締まる「国家安全法制」の導入を決めたことに「重大な懸念を表明する」とした共同声明を発表したことについて、中国政府は強い不満を示すとともに、「中国の内政に干渉するのをやめるよう求める」などと反発した。
そのうち,国際法そのモノを内政干渉と言うんだろうね,🇨🇳共産等,,,・・・・
完全にアメリカ政府に堪忍袋の尾がキレている…「憲法」
国際約束を守れ、中英連合声明を守れ。
>「国家安全法制は一国二制度を体現したもので、香港の繁栄と安定を守るためのものだ」
>「関係国は中国の憲法と香港基本法をよく学び、香港に口出しし中国の内政に干渉するのをやめるよう求める」
中国もお決まりの内政干渉しか反論出来ない。
私達は中国が香港への人権侵害を止めるまで"内政干渉"を続け、香港の自由と民主を取り戻す。
人権問題においては内政干渉は容認される
その手は桑名の焼きはまぐり
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR