TOP > 社会 > iPS細胞で作った網膜細胞 目の難病の臨床研究で初移植へ 神戸 | NHKニュース

iPS細胞で作った網膜細胞 目の難病の臨床研究で初移植へ 神戸 | NHKニュース

19コメント 2020-06-11 18:26  NHKオンライン

【NHK】重い目の病気の患者にiPS細胞から作った網膜の細胞を移植する世界初の臨床研究が11日、国の部会で了承され、神戸市の病院な…

ツイッターのコメント(19)

来週、お祭りあるかもね ♪ 🐧

2370 メディネット
網膜色素変性症の私にとって、とても嬉しいニュース。医者には診断に行くたびに「あと10年後ぐらいには治療法が確立するよ」と言われてから20年ぐらい。やっとうっすらとした光が見えてきた。ただ、見えないうちにもっとやりたいことも残ってるので、頑張らなきゃ!byよーすけ
今後に繋がる大きな一歩!
難病患者にひかりを!
視力は、自分にとって身体の機能の中で1番失いたくないもの。将来の緑内障リスクが高めかも、と怖いことを眼科で言われて早8年。視細胞に関するiPS細胞研究に期待しているので、このニュースはすごく嬉しいです…!
わいの通院先や。再生医療はここまできたんやな。
今朝のNHKニュースで、IPS細胞を網膜色素変性症の

患者に年内にも初移植というニュース。

明るいニュースです。
網膜色素変性症を対象とした、iPS細胞を使った臨床試験が年内から始まるー‼️
いよいよ治療への第一歩が始まるか 医学の進歩はすごい
アイロムGも確かパイプラインに入ってたような🤔網膜色素変性治療製剤
どの程度の視野に対して細胞を投与(注入?)するのだろうか?
今度はiPS細胞の移植承認。
増殖しにくい細胞から始めるのはよいとおもいます。期待してます。
おー!!!
明るい世界が開けますように🙏🙏🙏✨✨✨
患者に、他人のiPS細胞から作った「視細胞」を移植して視力の回復を目指す臨床研究が計画。
これは快挙としか言いようがないね!
: 重い目の病気の患者にiPS細胞から作った網膜の細胞を移植する世界初の臨床研究が11日、国の部会で了承され、神戸市の病院などの研究グループは年内にも1例目の移植手術を実施することになりました。
神戸アイセンター病院と理化学研究所のグループは、進行性の目の難病「網膜色素変性症」患者に、他人のiPS細胞から作った「視細胞」と呼ばれる網膜の細胞を移植して視力の回復を目指す臨床研究を計画
網膜色素変性症は徐々に光を感じ取れなくなって失明することもある病気で、国内におよそ3万人の患者がいるとみられますが、今のところ有効な治療法はありません。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR