TOP > 社会 > 1月~3月のGDP改定値 年率マイナス2.2% 速報値から上方修正 | NHKニュース

1月~3月のGDP改定値 年率マイナス2.2% 速報値から上方修正 | NHKニュース

17コメント 2020-06-08 09:06  NHKオンライン

【NHK】ことし1月から3月までのGDP=国内総生産の改定値は、年率に換算した実質の伸び率が、マイナス2.2%となりました。最新の…

ツイッターのコメント(17)

日本は新型コロナウイルスによる経済活動の抑制をする前に消費税増税でGDPを年率換算で7.1%も縮小させている。だからほんの少し改定値でGDPが上向いたところで経済が底強いなんてことはない。
テコ入れ策として竹中平蔵の藁人形でも作って販売しますかねえ
>ことし1月から3月までのGDPの改定値は、年率に換算した実質の伸び率が、マイナス2.2%となりました。最新の統計を反映した結果、企業の設備投資が伸びたことから、先月の速報段階のマイナス3.4%から上方修正された
: 今年1月から3月までのGDPの改定値は、年率に換算した実質の伸び率が、マイナス2.2%となった。最新の統計を反映した結果、企業の設備投資が伸びたことから、先月の速報段階のマイナス3.4%から上方修正された。
“ これは、最新の統計で企業の「設備投資」が伸び、速報段階のマイナス0.5%からプラス1.9%になったためです。新型コロナへの対応で医療機器を生産する設備などへの投資が増えたことが要因 ”
> 年率マイナス2.2% 速報値から上方修正
2020年6月8日 NHK
内閣府、1-3月期のGDP改定値を発表。年率-2.2%と、速報値(-3.4%)からは上方修正されたものの深刻な落ち込み。2019年度トータルでは+0.03とかろうじてプラスに。

4-6月期は記録的な悪化水準になるのは確実なのに、西村大臣は「日本経済の自力は底堅い」と楽観視しすぎる。
マイナスの指標のときだけ、時間割いて深刻にがっつりお伝えしますよぅ。マインド冷やすのがおしごとなん?>
-3.4から-2.2
ショボッと思ってはいけません!
設備投資が伸びてます

前借り制度ございます
昨日も雇用止めになったシングルマザーが相談に来ました
100万円までご利用可能!
良くなる要素が見当たらん
上方修正とは言いつつも個人消費の落ち込みと、これからのマイナス成長があるので楽観は出来ない状況。でも、相場は折り込み済みと…。
そもそも上がったって去年の10-12月期比だからねえ
前期の下がりっぷりに1-3下がって更に4-6も下がる
個人消費は下方修正だし
最新の統計を反映したら上方修正、どこかで聞いた話ですねえ。
これ中身を見んとわからんなぁ。
内閣は昨年に統計やらかしてるし。
先月の速報時点では年率でマイナス3.4%でしたが、最新の統計を反映した結果、上方修正されました
4月~6月がどこまで下がるからが注目だが10%位マイナスか?
1~3月なら、新型コロナウイルスの影響とはいえないかも。
>年率に換算した実質の伸び率は、マイナス2.2%となりました。先月の速報時点では年率でマイナス3.4%でしたが、最新の統計を反映した結果、上方修正

予想外の上方修正かw
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR