TOP > 政治・経済 > “コロナショック”も株価上昇続く | NHKニュース

“コロナショック”も株価上昇続く | NHKニュース

【NHK】“コロナショック”に直面している世界経済。先月から今月にかけて発表された経済統計からはかつてない景気悪化の実態が明らかに…...

ツイッターのコメント(24)

そして昨日(2020年6月11日)暴落。/
⇒冬に第二波、緊急事態宣言が出ても、この状態続くか?
引き続き注視
| NHKニュース
狂った相場に疲れてきたので終わりにしてほしいけど、疑心暗鬼な人が多いのでまだまだ上昇余地を残してる。今年の最高値1月17日24115を超えれば、みんな焦燥感にかられて、減ったボーナスを突っ込んで買いにでるんだろう。
株価バブルが止まらないw
もう政府が出口政策やるまで
行けるとこまで行っちゃうかもしれん
マスクやトイレットペーパーと同じで
今を逃したらもう買えないと175が群がってる
なんか、NHKが私の気持ちをグラフにしてくれました。ある意味で怖いくらいです😓
株価は安倍さん、押してますけどね🤔🤗🤔
お金を使うとこがなくて、投資に回ってるとか?
ショックは買い
なんでや...ここで素人が手出したら絶対暴落するやつや
先月、確定拠出年金を海外株に全振りしましたからね。昨年末くらいまでには戻ってた。
娯楽、航空、旅行系は
今まで出来なかった分の反動が来ると予想されてるのかな🤔
金融緩和すれば株価は簡単に戻る。リーマンショックで金融当局が学んだ事。
金融緩和≒債権買い→金利低下→有り余ったお金が株式市場への図ね!
実体経済と隔離する世界の株価。
「アメリカのFRBや日銀など各国の中央銀行が強力な金融緩和をおこなっていることが株価に現れている。企業の決算や今後の業績予想から考えると、かなり割高の水準だ」
やはり投資ではなく投機、ですよね。
日本の金融教育は絶望的、ですよね。
「目先の株価はまだ上がる可能性は高い。ただ、中期的には不透明だ。新型コロナウイルスの感染の再拡大や、アメリカと中国の摩擦など、株価が下落するきっかけは数多くある」に同意の立場です。ほどほどに買う。
日経平均の形は見事にクルーグマンの予測通りナイキ型である。
: “コロナショック”に直面している世界経済。先月から今月にかけて発表された経済統計からはかつてない景気悪化の実態が明らかになっていますが、アメリカや日本の株式市場では企業の株が買われ、株価の上昇が続いています。
あれ?そうなの?
俺の塩漬け株には変化がないのだが…
こんなことになってたんですね。日銀との共同幻想ですか。これ、乗ってはいけないジェットコースターというやつです。物理法則では2万4000円の手前までは可能ですが、もはや下にレールはなく宙に浮いたまま上昇している状態です。ピークに至ればその後は真っ逆さまでしょう。
経済の専門家先生方がもっともらしく根拠を後付けしていらっしゃるが、要するに「世界的にカネが余ってる」んだよ。行き場のないカネを持て余している人がいるってこと。それに尽きる。指標ガーとかファンダメンタルズがーとか、小難しいこと言わんでも。
アメリカは黒人差別問題、中国は香港問題、そしてアメリカと中国のいがみ合いと、不安要素はたっぷりあるからな……。
中南米はCOVID-19流行真っ最中だし。
「V字に近い形で回復すると思う。各国ともに金融政策と財政政策をセットにして、強烈に経済を後押ししているからだ」
以上
 

いま話題のニュース

PR