TOP > 政治・経済 > イギリス 政府による賃金支払いの肩代わり 10月末まで延長 | NHKニュース

イギリス 政府による賃金支払いの肩代わり 10月末まで延長 | NHKニュース

【NHK】イギリスは、新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなった従業員に対する賃金の支払いを政府が肩代わりする制度について、当初の…...

ツイッターのコメント(13)

少なくとも年末までの支援策を講じなければ、来年からの経済回復に期待する事はできません

一番恐ろしいのは、政府が無責任に自然回復を待って実効性のある支援を行わない事です

政治家が安全席からある程度の被害は仕方がないと
目を瞑る事です
「イギリスは、新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなった従業員に対する賃金の支払いを政府が肩代わりする制度について、当初の予定を延長し、ことし10月末まで続けることになりました。」
: イギリスは、新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなった従業員に対する賃金の支払いを政府が肩代わりする制度について、当初の予定を延長し、ことし10月末まで続けることになった。
イギリス政府は、雇用維持対策として仕事がなくても従業員を雇い続ける企業や店舗などに対し、賃金の80%、日本円で33万円を上限に政府が肩代わり。現在、この仕組みで750万人に賃金が支払われています。これについて、ことし10月末まで続けることを明らかに。
= ユニバーサル・ベーシック・インカム開始

*
イギリスすごいな!
景気後退で人員削減の必要がある企業に対しては捨て金になる気がします。
・雇用維持の対策として仕事がなくても従業員を雇い続ける企業や店舗などに対し、賃金の80%を政府が肩代わり

・月2500ポンド(約33万円)を上限

・現在、約750万人に支給

総人口の1割強か…。
イギリスは、新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなった従業員に対する賃金の支払いを政府が肩代わりする制度について、当初の…

👍
英国政府は賃金支払いの肩代わりを10月末迄行うと発表した、日本政府は何時頃支払いして頂ける様に成るのかなぁー?
イギリス政府は、雇用維持の対策として仕事がなくても従業員を雇い続ける企業や店舗などに対し、賃金の80%をひと月2500ポンド、日本円で33万円を上限に政府が肩代わりする制度

10月末まで続けることを明らかにした
🔵こっちの政府も先進国を自負するなら、これくらい太っ腹になってもらいたいもの。
以上
 

いま話題のニュース

PR