TOP > 社会 > 新型コロナで臨時休校続く 聴覚障害の生徒への学習支援に課題 | NHKニュース

新型コロナで臨時休校続く 聴覚障害の生徒への学習支援に課題 | NHKニュース

13コメント 2020-04-27 16:50  NHKオンライン

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い各地で臨時休校が続くなか、聴覚に障害のある生徒が字幕や手話通訳の付いたオンライン授業な…

ツイッターのコメント(13)

「一般に向けてネットで配信されている教材を利用することも考えましたが、字幕や手話通訳がない」
「斉藤くるみ教授が中心となって運営している「ろう・難聴高校生の学習塾」では、早ければ来月から国語や数学などのオンライン授業を、希望する人を対象に無料で行う」
「ろう・難聴高校生の学習塾」に通ってくれている生徒さんが取材されました。3月の塾の遠隔指導にも参加してくれた生徒さんです。学習塾は例年通り4月はお休みでしたが、5月からの開講に向けて準備をしています。1学期、少なくとも前半はオンライン開講を予定しています。
「ろう・難聴高校生の学習塾」に通ってくれている生徒が取材されました。3月の塾の遠隔指導にも積極的に参加してくれた生徒です。塾は5月からオンラインで開講する予定だけど、3月と同じSkypeやTwitterでの開講にするか、別のツールにするか、まだ決めかねている。
- 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い各地で臨時休校が続くなか、聴覚に障害のある…
「ろう・難聴高校生の学習塾」

“早ければ来月から国語や数学などのオンライン授業を、希望する人を対象に無料で行うことにしています。”

| NHKニュース
顔の表情も文字の一つ???????
オンライン授業の仕組みは整備されるべき。でも、障がいによって置き去りにされることが無いような配慮が必要だ。
NHK|2020年4月27日 16時36分
「#新型コロナウイルス」の感染拡大に伴い各地で臨時休校が続くなか、聴覚に障害のある生徒が字幕や手話通訳の付いたオンライン授業などを受けられず、自宅での勉強を思うように進められないケースも出ています。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い各地で臨時休校が続くなか、聴覚に障害のある生徒が字幕や手話通訳の付いたオンライン授業な…
学校の一斉休校により出てきた問題
いろいろありますが、難聴児やろう児
への支援も急がれてます。
一斉休校の中で聴覚障害の子どもたちの学習支援に課題。学校があることの意義が改めて明らかになった一例とも言えます。聴覚障害の子たちに限らず、他の障害を持った子たち、家庭が安全でない子たちなど、個別の支援が必要とな子たちもいることを忘れてはなりません。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR